「ガクは1か月半程度、離脱するだろう」ヘタフェのオーナーが柴崎岳の見通しを明かす

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月19日

自爆ではなく、「バルサの選手に足を踏まれた」。

もしオーナーのコメントが正しければ、柴崎は10月の日本代表戦も欠場することになるが……。(C)Getty Images

画像を見る

 土曜日のリーガ・エスパニョーラ4節、ヘタフェ対バルセロナ戦。柴崎岳の鮮烈ゴールで前者が先制し、後半の2ゴールで後者が逆転勝利を収めたゲームだ。その一戦では、ふたりの負傷者が出た。バルサのウスマンヌ・デンベレと、柴崎だ。スペインの地元メディアは、これをピッチコンディションが原因ではないかと指摘。「水が撒かれていないため芝が重く、選手が多くの選手の足に負荷がかかった」といった理由を挙げた。
 
 その風潮に猛然と抗議したのが、ヘタフェのオーナーであるアンヘル・トーレス氏だ。地元ラジオ局の取材に応じ、こうまくし立てた。
 
「まるで水が撒かれていなかったというのはウソだ。ちゃんとリーガの規定に沿った形で、我々はピッチコンディションを整えていたと聞いている。どうしてこういう話になるのか理解できない。次のバルサとの試合では、カーペットと枕を置くことにしよう」
 
 そして、気になる柴崎の怪我の状態についても言及した。いわゆる“自爆”ではなかったという。
 
「これもチームに確認したが、ガク・シバサキは試合中、バルサの選手に足(左足甲)を踏まれたみたいだ。1か月半程度、離脱することになるだろう」
 
 骨がヒビが入ったか、それとも折れてしまったのか……。オーナーのコメントが正しければ、実に残念な結果で、柴崎は10月の日本代表2連戦も欠場することとなる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ