【ダメ助っ人列伝】ファーガソン監督が「マンU史上最悪の買い物」と嘆いたジェンバ=ジェンバ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年09月18日

キーンの後継者として期待されたが…。

わずか1年半でマンUを退団したジェンバ=ジェンバ。02年ワールドカップではカメルーン代表の登録メンバーに名を連ねた。(C)Getty Images

画像を見る

 鳴り物入りで加入しながら、期待外れに終わった「ダメ助っ人」を紹介する不定期連載。今回取り上げるのは、2003年の夏にナントからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したエリック・ジェンバ=ジェンバだ。
 
 03年といえば、そうクリスチアーノ・ロナウドがスポルティングからマンチェスター・Uへと移籍した年だ。18歳にしていきなりエースナンバーの「7」を与えられたポルトガル人FWほどではなかったにせよ、リーグ・アンで名を揚げた22歳のカメルーン代表MFへの期待は小さくなかった。
 
 アレックス・ファーガソン監督が望んだのは、31歳となり故障がちになってきたロイ・キーンの後継者としての役割だ。『ワールドサッカーダイジェスト』が発行している当時の選手名鑑には、「トータルバランスに優れたセンターハーフ」と紹介されている。キーンの後釜にはうってつけ、のはずだった。
 
 その才能を、しかし発揮することはできなかった。加入当初はスタメンで起用されたものの、プレミアリーグ特有のスピーディーなサッカーに順応できず、徐々に出番が減少。1年目はリーグ戦でわずか15試合(882分間)の出場に終わり、ゴールも奪えなかった。
 
 飛躍を期した2年目も開幕直後は先発のチャンスを与えられた。しかし、4節までに1勝2分け1敗とスタートダッシュに躓いたチームのまるで戦犯かのように扱われ、その後は1試合しか出場できず。その冬にアストン・ビラへ売却された。
 
 そのアストン・ビラでもほとんどインパクトを残せず、その後はカタール、デンマーク、セルビア、イスラエル、スコットランドなどのクラブを渡り歩いた。36歳となった現在は、スイスの2部リーグでプレーを続けている。
 
 09年のインタビューで、「これまで契約した選手でもっとも失敗だったのは?」と問われたファーガソンは、問題児として知られたスコットランド人MFのラルフ・ミルン(88~91年にマンチェスター・Uに在籍)とともに、ジェンバ=ジェンバの名前を挙げた。
 
 40年近く監督業を続け、それこそ千差万別の選手と契約してきた名将が、真っ先にその名を出したのだ。失望が大きかったのは、裏を返せばそれだけ期待を掛けていたということだろう。

欧州サッカークラブ選手名鑑の完全版!
『2017-2018ヨーロッパサッカー・トゥデイ』
定価:1204円+税/発売:2017年9月8日
インターネット販売はこちら

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ