「空手キックが飛び出した!」武藤嘉紀の鮮烈ボレー弾を独メディアが激賞

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月10日

次節のバイエルン戦に勢いを持ち込めるか。

ついに決めた今シーズン初得点に喜びもひと潮。武藤は押しも押されもしない、マインツ攻撃陣の核だ。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ・ブンデスリーガ3節、マインツ対バイヤー・レバークーゼンの一戦は、前者が3-1の逆転勝利を収めた。
 
 22分に先制されるも、終始主導権を握っていたマインツは、45分に同点に追いつく。左サイドを突破したSBダニエル・ブロジンスキのライナー性のクロスを、ファーサイドでフリーで待ち受けたのが日本代表FW、武藤嘉紀だ。咄嗟に身体をひねって、ジャンプしながら左足のハーフボレーでインパクト! ドイツ代表GKベルント・レノを沈黙させる豪快弾をゲットした。
 
 試合はこのゴールで火が付いたマインツが、後半に2得点を挙げて逆転に成功。3-1の快勝を飾り、今シーズン初の3ポイント奪取した。
 
 武藤の鮮烈ゴールに即座の反応を見せたのが、ドイツの2大メディアだ。
 
 全国スポーツ紙の『BILD』は「マインツの日本人が空手キックで決めた!」との見出しを付け、武藤がマインツの逆転勝利に多大な貢献をしたと報じた。かたやサッカー専門誌の『Kicker』は、「ホームスタジアムが熱狂のるつぼと化した。スベン・ベンダーのポジショニングミスでフリーになったムトウが、目の覚めるような一撃を見舞ったのだ。ブロジンスキのクロスも良質だった」と記した。
 
 加えて、マインツの公式ツイッターも興奮気味に描写。「ついにムトウが決めた! ブロジンスキのクロスを見事なボレーでねじ込んだ。決めた時間帯も素晴らしかった」と称えた。
 
 先の日本代表2連戦でも不発に終わり、ゴールが欲しかった武藤にとっては、最高のリスタートとなった。次節(9月16日)は王者バイエルン・ミュンヘンとの大一番。敵地でのひと暴れに期待したいところだ。
 
【関連記事】
柴崎岳をスペイン各紙が好評価「明らかな脅威」「氷を撃ち砕くような一発」
【現地発】ベベレン森岡亮太が2G1Aの大暴れ!「認められているな、と感じます」
「ハセベは唯一無二で代えが利かない」フランクフルト指揮官がその再離脱に頭を抱える
原口元気が主軸に返り咲きか!? ヘルタ指揮官もSDも「ゲンキの力は欠かせない」
【日本代表】サウジ戦の黒星を”予言”? 経験に裏打ちされた内田篤人のひと言

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ