【横浜】「欲張ってもいいかな」。天野純の確かな成長が感じられた、あるひと言

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年08月14日

「明らかに、自分の中で目標が変わってきている」

今季の横浜でトップ下とボランチを兼務する天野。着実に実績を積み重ねていくなかで、日本代表入りにも意欲を燃やす。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ第22節]横浜 1-0 鳥栖/8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
 22節を終えて、フルタイム出場を続けているのは、GKの飯倉大樹とCB中澤佑二のふたりだけ。これに続くのが、ここまでの全試合でスタメン出場し、前節・札幌戦のみ81分で途中交代して、それ以外の21試合はフル出場を果たしている天野純だ。
 
 エリク・モンバエルツ監督から絶大な信頼を寄せられている大卒4年目のレフティは、2ボランチとトップ下が流動的な今季の横浜において、必ずどちらかのポジションでレギュラーを勝ち取っている。
 
 1-0で完封勝利を収めた鳥栖戦では、トップ下でプレー。天野自身は「チームとしてはすごく良かったけど、自分のプレーは3割ぐらいしか出せてなくて、満足できなかった。毎試合、勝負を決定づけるような仕事が僕の課題なので」と反省を口にする。
 
 そして――その後に続く言葉に、天野の確かな成長が感じられた。
 
「じゃないと、代表にも食い込んでいけないと思っている。明らかに、自分の中で目標が変わってきているので」
 
 去年までなら、「試合に出ることが目標だった」。しかし、中村俊輔がいなくなった今季、ゲームメイクも、セットプレーのキッカーとしても、天野にかかる期待は大きくなっている。それに応えるべく、必死に戦っている。
 
 不動のメンバーとして試合に出続けて、「自分の中で手応えはある」。チームが優勝争いに絡むなかで、「僕自身、もうちょっと欲張ってもいいのかな」と新たな気持ちが芽生え始めている。
 
「チームと一緒に成長している感じですね」
 
 代表入りにはまだまだアピールが必要だが、自身のさらなるステップアップとチームのタイトル獲得を見据えて、高いモチベーションで次なる戦いに挑む。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜 1-0 鳥栖|攻守両面で存在感を放った横浜の左SB。2CBも堅牢な守備を構築
試合を動かし、試合を終わらせる――クレバーに振る舞った天野純は、今の横浜をどう分析しているか?
終了間際に天野が劇的な決勝弾! 横浜がFC東京を下しリーグ3連勝!!
【横浜】終了間際のFKのチャンス、キッカーの天野の下に駆け寄ったGK飯倉が伝えたかったこと
【横浜】後半戦は台風の目になる!? ここ10試合負けなしの強さのワケは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ