小野伸二が海外メディアに明かした「日豪決戦のキープレーヤー」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月30日

敵のターゲットマンを「Jリーグにはいないタイプ」と分析。

豪州でもプレーした経験がある小野。今回、白羽の矢を立てたのがAFC公式サイトだ。いかにも“らしい”回答を連発した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表対オーストラリア代表の大一番を目前に控え、アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトに登場したのが、日本サッカー界が誇る至宝・小野伸二だ。かつて豪クラブのウェスタン・シドニーに所属し、2013-14シーズンには同国代表エースのトミ・ユリッチ(現・ルツェルン)とともにプレーした。そんな由縁もあって、インタビュー取材に応じている。
 
 もちろん小野も、木曜日のビッグバウトに注目しているという。
 
「オーストラリアとはつねにいいライバル関係を築いてきた。日本にとって簡単なゲームにはならないでしょう」
 
 僚友だったからこそ、ユリッチの力量がよく分かる。「(日本の)守備陣は手を焼くでしょうね。Jリーグにはいないタイプのフォワードで、応対するのはなかなか難しいと思いますから」と警鐘を鳴らす。
 
 インタビュアーに「いまの日本代表に新風を吹き込む、勢いをもたらすのは誰か?」と問われると、いかにもファンタジスタらしく、天才肌のアタッカーの名を挙げた。
 
「乾(貴士)くんはスペインで素晴らしいプレーをしている。実際の試合でどんなメンバー構成になるかは分からないけど、きっと代表でもあのフォームを持ち込めると思うし、ポジティブな要素をもたらしてくれると期待しています」
 
 そして最後に、決定的なゲームを戦う“後輩たち”にこんなエールを贈った。
 
「負傷者が多いようですが、ピッチに立つ選手がきっちり仕事をしてくれるでしょう。アジア・フットボールは驚くほどレベルが上がってきていて、今回の最終予選も最後までもつれています。それでも僕は日本人なんで、信じていますよ。日本代表はきっと来年のワールドカップ出場を決めてくれると」

【小野伸二PHOTO】波瀾万丈のキャリアを厳選フォトで振り返る
【関連記事】
【黄金世代】第4回・稲本潤一「スーパーエリートの葛藤と苦悩」(♯3)
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)
【黄金世代】第3回・小笠原満男「衝撃のオノシンジ」(#2)
小野伸二が語る"クボ・タケフサ"の才能。「当時の僕と比べたら…」
【黄金世代】第2回・遠藤保仁「それは、桜島からはじまった」(♯1)

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ