神戸のキャプテン・渡邉千真が“相棒”ポドルスキを語る「ルーカスにはもっと…」

カテゴリ:Jリーグ

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2017年08月24日

「パスセンスにも優れているんだなっているのは新たな発見でした」

神戸のキャプテンとして前線を牽引する渡邉。2トップでコンビを組むポドルスキについても言及した。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

「まだ4ゴールしか奪っていないので、当然ながら満足していません」

 こう語るのは神戸のキャプテン・渡邉千真だ。今季ここまで、リーグ戦でチームトップのゴールを稼ぐなど、文字どおり「前線の軸」として働いているが充足感はない。「シーズン序盤戦はチャンスがありながらかなり外してしまった」事実が、その最たる理由だ。

 それでも、この先の戦いで挽回する可能性は十分にあるだろう。11節の鹿島戦で今季初ゴールを決めたあたりから「動きがシャープになってきた」との実感があるようで、コンディションは決して悪くはないからだ。

 そんな渡邉は、前線で元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキと2トップを形成している。実際に同じピッチでプレーしてみて、加入当初からの印象は変わったという。

「パスセンスにも優れているんだなっているのは新たな発見でした。左足のシュートだけでなく、引いてパスを受けて捌く技術も素晴らしい」

 ただ一方で、まだ十分な連係を確立できていない。ポドルスキに対しては、「もっとゴール前に入ってきてほしい」と要求しながら、互いが生きる術を模索していくつもりだ。

 31歳を迎え、「脂が乗ってきたような感覚」にある渡邉の奮起に期待したい。


取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)


※渡邉選手のインタビュー全文は、8月24日発売の「サッカーダイジェスト」(ヴィッセル神戸ダイジェスト「キャプテンの意地」)にて掲載しています。

8月24日発売号では、J1リーグを大特集。夏の移籍を踏まえて、各クラブの陣容はどう変わったのか、そしてポジション争いの行方

画像を見る

【関連記事】
「ポドルスキ活用法」に苦心する神戸…鍵は“あるパサー”の存在だ
【識者アンケート】豪州戦で先発起用したい11人は? キーマンに乾貴士、武藤嘉紀、原口元気ら
【セルジオ越後】豪州戦とサウジ戦に向け、選ぶべき選手と外すべき選手
「ホンダは筋金入りのエリートだ」パチューカ監督がデビュー弾の本田圭佑を絶賛!
内田篤人が入団した「ウニオン・ベルリン」ってどんなクラブ? 右SBの「ライバル」は誰?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ