内田篤人が入団した「ウニオン・ベルリン」ってどんなクラブ? 右SBの「ライバル」は誰?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月22日

初のブンデス1部昇格を目ざす、旧東ベルリンの古豪。

ドイツ2部とはいえ、ウニオンは伝統と実績のある古豪クラブ。内田も「その野心とビジョンに共感した」と語る。(C)Getty Images

画像を見る

 7シーズンを過ごしたシャルケ04に別れを告げ、ブンデスリーガ2部の1FCウニオン・ベルリンへの移籍を決めた内田篤人。新天地となるドイツ首都の古豪は、はたしてどんなクラブなのか。
 
 母体となるクラブの創設が1906年と古い歴史を誇り、1966年に現在のクラブ名に変更され、東西分裂時代の旧東ベルリンで産声を上げた。東ドイツ・リーグ時代は1部と2部を行き来し、国内カップで一度優勝実績がある。
 
 ドイツ統一後はブンデスリーガに編入され、現在に至るまで1部昇格は果たせていない。だが2009-10シーズンに2部再昇格後は安定した成績を残し、ここ数年は盤石な経営基盤を築き、着実にチーム力を高めてきた。そして昨シーズンは4位と過去最高の順位で終えている。
 
 クラブ史上初のブンデス1部への昇格を果たすべく、クラブは2016年4月にイェンス・ケラー監督を招聘。2014年秋から2年間に渡ってシャルケを指揮した戦略家で、当然、内田との信頼関係も厚い。
 
 チームは2017-18シーズンの3節を終えて2勝1分け(5位)と好スタートを切った。今夏は内田やMFアカキ・ゴヒア、MFマルセル・ハーテルら7名の新加入選手を獲得し、スカッドの底上げに成功している。主軸は、兄のトニがレアル・マドリーでプレーする主将のMFフェリックス・クロースをはじめ、エースFWのセバスティアン・ポルター、屈強CBトニ・ライストナーらが担う。
【関連記事】
なぜウニオンは内田篤人を獲得したのか? 全国紙が恩師ケラーの“狙い”を紐解く
内田篤人のウニオン加入をベルリン地元紙も歓迎!「きわめて価値の高い補強だ」
シャルケ退団の背景に何が? 過去のコメントから探る“内田篤人の心情”
「アツトからフットボールを奪いたくない…」内田篤人へシャルケSDが惜別の言葉
【内田篤人の告白】希望と絶望の狭間で<パート1>。「その時は正直、治る気がしなかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ