【移籍金トップ10最新版】ネイマールにポグバと高騰ぶりが顕著。いまやジダンの額は…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月04日

エムバペのマドリー移籍が決まれば同ランクの2位に…。

ベイル(左下)の記録を、ポグバ(右上)とネイマール(左上)が2年連続で更新。いまやジダン(右下)の金額は…。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月3日に正式発表されたネイマールのパリSG移籍は、バルセロナに支払われた契約解除金が2億2200万円(約284億円)で史上最高額を更新。文字通り空前のメガディールとなった。
 
 では、サッカー界の現時点における移籍金TOP10はどうなっているのか。振り返りたい(金額は『transfermarkt』より。1ユーロ=128円で換算)
 
1位:ネイマール(2017年)
2億2200万ユーロ(約284億円)
バルセロナ→パリSG
 
2位:ポール・ポグバ(2016年)
1億500万ユーロ(約134億円)
ユベントス→マンチェスター・U
 
3位:ガレス・ベイル(2013年)
1億100万ユーロ(約129億円)
トッテナム→R・マドリー
 
4位:クリスチアーノ・ロナウド(2009年)
9400万ユーロ(約120億円)
マンチェスター・U→R・マドリー
 
5位:ゴンサロ・イグアイン(2016年)
9000万ユーロ(115億円)
ナポリ→ユベントス
 
6位:ネイマール(2013年)
8820万ユーロ(約113億円)
サントス→バルセロナ
 
7位:ルメル・ルカク(2017年)
8470万ユーロ(約108億円)
エバートン→マンチェスター・U
 
8位:ルイス・スアレス(2014年)
8172万ユーロ(約105億円)
リバプール→バルセロナ
 
9位タイ:アンヘル・ディ・マリア(2014年)
7500万ユーロ(約96億円)
R・マドリー→マンチェスター・U
 
9位タイ:ハメス・ロドリゲス(2014年)
7500万ユーロ(約96億円)
モナコ→R・マドリー
 
 TOP10のうち実に9件がここ4年間で成立したディール。かつて「史上最高額のフットボーラー」だったジネディーヌ・ジダン(7350万ユーロ/2001年)とルイス・フィーゴ(約6000万ユーロ/2000年)は、今や12位と19位だ。
 
 ちなみに、モナコの新星キリアン・エムバペが噂通り今夏、R・マドリーへ1億8000万ユーロ(約230億4000万円)で移籍すれば、同ランクの2位となる。
 
 この移籍金高騰は、各クラブの収入増をはじめ、中東や中国の富豪のサッカー界参入、そして物価の変動などによるものだが、「いずれバブルが弾ける」との声も少なくない。はたして、このまま加速していくのか……。
【関連記事】
ネイマールが大幅更新! 移籍金最高記録は20年間で「10倍増」に!!
移籍完了のネイマール、バルサへの想い、感謝、そして退団の理由を語る
ネイマールが退団表明のバルセロナ、サポーターが望む「後釜」は誰?
「ミラン人気」の復活? 観客数記録でドルトムント超え!
レスターが逸材イヘアナチョの獲得発表! 岡崎慎司は窮地に?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ