ネイマールが退団表明のバルセロナ、サポーターが望む「後釜」は誰?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月03日

どれも獲得には困難が伴う人材ばかりだが…

偉大なチームメイトとともに伝説を創り、数々のタイトル獲得に貢献してきたネイマール。そんな彼の代わりを務められる存在、しかもファンを納得させられる選手を短期間で獲得するには、多大な労力と金を要することだろう。 (C) Getty Images

画像を見る

 バルセロナは現地時間8月2日、ブラジル代表FWのネイマールが退団希望を表明したと発表した。パリ・サンジェルマンへの「史上最高額移籍」が不可避となったことで注目されるのが、このブラジル人FWの後釜探しだ。

 
 エースのリオネル・メッシは、アルゼンチン代表のチームメイトで、パリSGに所属するアンヘル・ディ・マリアの加入を望んでいるとの声もある。だが、スペイン紙『アス』が2日、候補に挙げたのは次の7選手だ。
 
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール)
キリアン・エムバペ(モナコ)
アントワーヌ・グリエーズマン(アトレティコ・マドリー)
パウロ・ディバラ(ユベントス)
デル・アリ(トッテナム)
エデン・アザール(チェルシー)
ウスマンヌ・デンベレ(ドルトムント)
 
 では、バルセロナのサポーターが最も望んでいるのはどの選手なのだろうか。
 
 アス紙電子版が行なった、約4万人を対象にしたアンケートによると、37パーセント以上が票を投じたのは、ディバラだった。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ準々決勝でバルサを沈める2ゴールを決めたのが印象に残っているのかもしれない。
 
 次点は、約27パーセントでグリエーズマン。その後は、エムバペ、コウチーニョと続いている。
 
 ただ、いずれの選手も獲得は容易でない。ユベントスは「去る者は追わず」の方針でこの夏もダニエウ・アウベスとの契約解消に応じたが、チームの柱であるディバラについては「放出不可能」という姿勢であるという。
 
 また、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚といわれていたグリエーズマンが、A・マドリーの新選手登録禁止処分に配慮して残留を決めたのは記憶に新しい。
 
 アス紙によると、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はA・マドリーのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOに連絡。今夏はグリエーズマン獲得に動かないと“紳士協定”を結んだという。
 
 コウチーニョについても、以前からリバプールのユルゲン・クロップ監督が残留を強調。「バルセロナは労力を節約できるだろう」と、獲得を目指して動くのは無意味だと一蹴している。
 
 とはいえ、バルセロナがネイマール退団の穴埋めをしないままシーズンを戦うとは考えにくいのも事実。クラブが狙っている選手は誰なのか? そしてサポーターは、その人選に満足するだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ