「100パーセント退団する」バークリーの移籍先は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年07月27日

エバートン側の要求額はおよそ70億円。

23歳のバークリーが、新たな挑戦を決意。この1~2年は伸び悩んでいただけに、環境を変えるのは悪くない選択かもしれない。 (C)Getty Images

画像を見る

 2011-12シーズンにプレミアリーグ・デビューを果たしてから6年――。イングランド屈指の逸材とその才能を高く評価されてきたエバートンのMFロス・バークリーが、大きな転機を迎えている。
 
「100パーセント退団する認識だ」
 
 現地時間7月26日にそう明かしたのは、エバートンのロナルド・クーマン監督である。移籍の噂が取り沙汰されていたMFのマーケット流出は、これでほぼ確実となった。指揮官は続ける。
 
「われわれは好条件のオファーを提示した。しかし、彼は断った。(16-17)シーズンの終わりに、新たな挑戦をしたいと伝えてきたんだ。状況は至ってシンプル。この件について話すことは、もうないよ」
 
 ステップアップの移籍を望むバークリーの有力な新天地候補に挙がるのが、トッテナムだ。ただ、5000万ポンド(約70億円)を要求するエバートン側と金銭面で開きがあるうえ、先ごろ鼠径部の手術を受けて開幕から出遅れるバークリーの状態も、交渉を長引かせている一因になっているようだ。
 
 バークリーとエバートンの現行契約は2018年6月まで。つまり今夏が売り時で、来夏に移籍金ゼロでの放出を避けたいエバートン側は、値下げの要求を受け入れる可能性が高く、金銭面の障害はさほど大きくはないだろう。怪我についても、開幕数試合を欠場する程度で、リスクはゼロではないものの長期的に考えればメリットのほうがはるかに上回る。
 
 交渉がさらに長引くとすれば、競合するアーセナルが本腰を入れて獲得に乗り出した場合か。退団が確実となった状況を受けて、他のメガクラブが争奪戦に参戦してくる可能性もゼロではないだろう。
 
 いずれにしても、エバートン残留の線はほぼ消えただけに、中盤戦に突入する今夏の移籍マーケットで、バークリーが主役のひとりを演じるのは間違いない。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24