ボスニアやアフガンの軍事費をも上回る、マンCの驚くべき“防衛費”の金額とは!?

カテゴリ:移籍情報

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月26日

メンディをDF史上最高額で獲得し…。

サバレタやコラロフなどを放出する一方で、次々と新戦力を迎え入れ、守備のテコ入れを敢行しているペップ・グアルディオラ。その補強は吉と出るか? (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間7月24日、マンチェスター・シティは、5200万ポンド(約75億4000万円)でモナコからフランス代表DFのバンジャマン・メンディを獲得した。
 
 新進気鋭のSBをDF史上最高額で買い付けたマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場で例年以上に大枚を叩いている。とりわけ、守備陣に関してはカイル・ウォーカー(←トッテナム)、エデルソン(←ベンフィカ)らも含めて、総額2億ポンド(約290億円)を注ぎ込み、改革に余念がない。
 
 この驚異的な投資っぷりを受けて、英国メディア『Iニュース』が興味深いレポートを掲載している。同クラブの補強費が世界の主要47か国の軍事防衛費を上回ったというのだ。
 
 ストックホルム国際平和研究所が提供している「世界の軍事防衛費」を元にレポートを綴った同メディアによれば、マンチェスター・Cの守りへの投資額は、ボスニア・ヘルツェゴビナの1億8000万ポンド(約280億円)やアフガニスタンの1億7400万ポンド(約252億円)など主要47か国のそれを越えたという。
 
 さすがにアメリカやキューバといった軍事大国には及ばないものの、ひとつのクラブが一国の軍事費を上回る額を選手補強に充てられるとは、マンチェスター・Cの資金力にはただただ驚くばかりである。
 
 なおマンチェスター・Cは、今夏中にサウサンプトンのCBフィルジル・ファン・ダイク(CB)やレアル・ソシエダのCBイニゴ・マルティネスなど、守備者にさらなる費用を投資することが噂されている。
 
 はたして、“防衛費”はいくらまで膨れ上がるのか? 移籍市場が閉じる8月31日までその動向から目が離せない。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ