本田圭佑の最新推定市場価格は? 4年前はおよそ「24億円」だったが…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年07月15日

現在は日本代表の中で「9位タイ」の評価額。

日本代表キャプテンの最新推定市場価格は「250万ユーロ」。ミランでの3年半でおよそ7分の1に。(C)Getty Images

画像を見る

 メキシコの強豪パチューカへの移籍を発表した日本代表MF、本田圭佑。前所属のACミランとは6月30日付けで契約満了となっており、パチューカが本田獲得に要した移籍金はゼロ。とびきりのお買い得品だったわけだ。
 
 獲得資金がかからないぶん、争奪戦を繰り広げたガラタサライ(トルコ)やシアトル・ソウンダース(MLS)などは報酬面でかなりの好条件を提示したとされる。メキシコの地元メディアによるとパチューカはそれらライバルの額面を上回るサラリーを用意したようで、「クラブ史上最高額だろう」と予測している。
 
 では、6月13日に31歳の誕生日を迎えた本田の推定市場価格はいかほどなのだろうか。
 
 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt.com』が示した最新値は、250万ユーロ(約3億2000万円/128円で換算)。6月8日に更新されて以来、評価額は変わっていない。日本代表の中で見れば、9位タイだ。
 
 香川真司の1300万ユーロ、岡崎慎司の700万ユーロ、大迫勇也の550万ユーロ、久保裕也、吉田麻也の500万ユーロ、長友佑都の350万ユーロ、乾貴士、酒井高徳の300万ユーロに次ぐ数値で、原口元気、浅野拓磨、酒井宏樹の3選手と並んでいる。ただ今回、欧州4大リーグからの離脱となるため、近日に更新される数値はさらに下がる可能性が高い。
 
【関連記事】
ホンダの電撃入団に地元ファンの反応は?「俺たちはワールドクラスを手に入れたぞ!」
本田圭佑の電撃移籍をメキシコ・メディアはどう報じた? 「素晴らしいセンセーションだ!」
本田圭佑が加入するパチューカってどんなクラブ? メキシコってどんなリーグ?
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【黄金世代】第1回・小野伸二「なぜ私たちはこのファンタジスタに魅了されるのか」(♯1)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ