【J1展望】浦和 × 広島|3バック+ボランチの顔触れは変わらず!?一方、広島は大幅変更か

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年06月30日

浦和——宇賀神と駒井の状態が懸念材料…。

故障者/浦和=なし 広島=佐々木、川崎 出場停止/浦和=なし 広島=なし

画像を見る

J1リーグ 第17節
浦和レッズ - サンフレッチェ広島
7月1日(土)/19:00/埼玉スタジアム
 
浦和レッズ

今季成績(10節終了時):9位(15試合終了時) 勝点23 7勝2分6敗 36得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●宇賀神、駒井のコンディションが微妙。
●ベテラン那須が今必要なことを語る。
●3連敗から脱出へ、遠藤は「シンプルさ」をテーマに挙げる。
 
【担当記者の視点】
 右膝を痛めている宇賀神は別メニュー調整が続き、前節の鳥栖戦(●1-2)で先発した駒井も紅白戦を回避して回復に務めている。今週は高木の右ウイングバックをテストしていたが、広島戦では右・関根、左・高木の起用もあり得るか。
 
 紅白戦で全体的に噛み合わずにいた主力組と対峙した那須は、大声でチームを鼓舞。「声で助けられることがある。大観衆だからこそ普段からの意識も必要。大事なのは距離感とコンパクトさ」と、再建へのテーマを語っていた。
 
 一方、リベリの遠藤は「もう少しシンプルさが必要」と話し、役割分担をより明確にしたい。3-4-2-1同士でぶつかるミラーゲームが予想されるからこそ、目の前の相手に勝つことで活路を見出したい。
【関連記事】
【浦和】監督交代の必要はない。しかし過去にない危機の打開へ、変化が求められる
【J1採点&寸評】鳥栖2-1浦和|旅立つ鎌田を最高の勝利で祝う。全員高評価!一方、3連敗の浦和は全体的に低め
【浦和】3連敗にブーイングと怒声…主将・阿部勇樹が「状況打開」を誓う
【広島】悩み抜いた末の中東移籍。シンデレラストーリーを歩んでいた塩谷司に何が起きたのか
【FC東京】7月8日の鹿島戦は大きな分岐点に!?  味スタで“ダブル”を達成できれば…
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ