【FC東京】7月8日の鹿島戦は大きな分岐点に!?  味スタで“ダブル”を達成できれば…

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2017年06月26日

昨年王者からダブルを奪い取れば、リーグ制覇の可能性がグッと膨らむ!?

7月8日のホームゲームで鹿島からダブルを奪い取れるか。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 2017年7月8日に味の素スタジアムで行なわれる鹿島戦は、FC東京の今季を占ううえで大きなターニングポイントになるかもしれない。
 
 例えば2016年シーズンを振り返ると、15年シーズンの年間王者・広島に対して鹿島、川崎、G大阪とリーグ戦で上位につけたクラブがいずれも“ダブル”を達成している。ここでいう“ダブル”とは、シーズン中のリーグ戦で同じ対戦相手にホーム・アウェーともに勝利することだ。
 
 仮に、今季の開幕戦で昨季王者の鹿島を下しているFC東京が、7月8日のホームゲームで白星を掴むことができれば──。リーグ制覇の可能性がグッと膨らむと、そんな明るい希望を見出せるわけだ。
 
 FC東京は昨季の前半戦まで鹿島に苦しめられていた。4位に食い込んだ2015年シーズンは、ステージ優勝が見えたファーストステージの11節(ホーム)で0-1と敗戦、セカンドステージの4節(アウェー)も1-2と敗れ、さらにナビスコカップ(現在のルヴァンカップ)の準々決勝でもその鹿島に苦杯を喫している。
 
 また2014年シーズンはリーグ戦で2分け、2013年シーズンと2012年シーズンはいずれも“ダブル”を献上と、鹿島は鬼門になっていた。リーグ戦に限れば、2012年~15年シーズンの対戦成績は2分け6敗と惨憺たるものだった。ところが、昨季のセカンドステージ⑮節(10月22日)、FC東京はホームの鹿島戦で会心のパフォーマンスを披露する、近年でも最高とも言えるパフォーマンスで。結果は2‐1。FC東京がリーグ戦で鹿島を下すのは、08年以来、14試合ぶりのことだった。
 
 そこで悪い流れを断ち切ったFC東京は今季の開幕戦でも粘り強い守備をベースに鹿島の攻撃陣をシャットアウト。オウンゴールから奪った虎の子の1点を守り抜き、カシマスタジアムで勝利を収めた。試合後、左SBの太田宏介は「カシマ(スタジアム)で勝てたことが大きい」とコメントしていたように、FC東京に大きな自信をもたらす一戦になった。
 
 来たる7月8日、FC東京がホームの味の素スタジアムで再び鹿島を撃破して“ダブル”を成し遂げられれば、ある意味、快挙である。FC東京のファン・サポーターにとっては、歴史的な瞬間を見届けることができるチャンスかもしれない。

7月8日の鹿島戦では様々なイベントを実施。詳しくは「http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=27098」でチェックしてください。

画像を見る

鹿島戦では双子の方、双子コーデの方をご招待!

画像を見る

【関連記事】
【日本代表】森重がまさかの落選…。ハリルホジッチ監督の見解は?
【FC東京】契約満了のオーストラリア代表FW。「愛するサポーターへ」、心温まるメッセージ
【FC東京】筑波大のMFと浦和学院のFWが特別指定で加入。それぞれのアピールポイントは?
【ルーツ探訪】太田宏介の“知られざる感動秘話”。ゴールなき母親孝行
【FK秘話】「蹴ったら」と、久保建英の背中を押したのは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ