磐田の川又が3点に絡む活躍で勝利に貢献!G大阪は怪我明けの今野が出場するも…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月04日

川又は「今日みたいな泥臭いゴールをどんどん増やしていきたい」

川又は自陣からのロングフィードで先制点をアシストし、自身はその後、2点を決めた。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ14節]磐田3-0G大阪/6月4日/ヤマハ
 
 磐田が快勝した。ホームのヤマハスタジアムで行なわれたJ1リーグ14節、アダイウトンの先制点と川又の2ゴールでG大阪を3-0で退けた。
 
 川又が3得点に絡む活躍を見せた。31分に浮き球のパスを相手最終ラインの裏に送って先制点を演出すると、40分にはセットプレーの折り返しに詰めて身体で押し込む。さらに55分にはDFのクリアボールを身体に当ててゴール前に持ち込み、冷静に左足で突き刺した。
 
 磐田は4月22日の8節・鹿島戦以来、6試合ぶりの白星。殊勲の川又は「スタジアム(サポーター)が勝てるような雰囲気にしてくれて感謝している。久しぶり(のゴール)だったので気持ちよかった。今日みたいな泥臭いゴールをどんどん増やしていきたい」と自身のゴールと勝点3を喜んだ。
 
 一方のG大阪は守備陣が脆さを露呈した。とりわけ、センターバックコンビが翻弄され、1失点目は三浦が、3失点目はファビオが裏を突かれて失点。60分には怪我明けの今野がピッチに立つも、流れを変えることはできなかった。
 
 G大阪は今季初の3失点。4月7日の6節・広島戦以来となる黒星で、暫定ながら順位も3位に転落した。
【関連記事】
JFAが「磐田対柏のPK取り消し」判定を説明。「テクニカルな面では良くないが…」
敵味方関係なく両サポーターが祝福。磐田のムサエフを中心に、超満員のスタジアムが一体感に包まれた瞬間――
【G大阪】早くも6発目! 自己最多得点へ倉田秋がハイペースでゴールを量産できる理由
鹿島が大岩新体制で初陣白星! 中村が先制弾、レアンドロ2発で広島撃破
【セルジオ越後】U-20W杯で大きな宿題を残した日本。いまA代表に一番近いと考える選手は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ