鹿島が大岩新体制で初陣白星! 中村が先制弾、レアンドロ2発で広島撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月04日

ACL敗退後に石井監督を解任、新体制での再出発を勝利で飾る。

2ゴールを決めたレアンドロ。リーグ戦2試合ぶりのゴールを決めた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ14節]広島 1-3 鹿島/6月4日/Eスタ

 鹿島が大岩新監督の初陣を勝利で飾った。

 5月30日のACL決勝トーナメント1回戦で広州恒大に敗れ、敗退が決まった鹿島は、石井監督を解任。大岩コーチを監督に昇格させ、新体制で再出発し、広島戦が初陣となった。

 試合は16位に低迷する広島に対し、新体制で臨む鹿島がリズムを掴む。そして14分、中村がペナルティエリア中央から右足のシュートを突き刺し、鹿島が先制する。

 さらに鹿島は30分、パスワークからレアンドロが抜け出し、左足のシュートを叩き込む。2点をリードした鹿島はさらに畳み掛け、43分には再びレアンドロが右足のシュートを決めて3点リードで前半を折り返した。

 後半に入ると、広島もペースを取り戻し、67分にアンデルソン・ロペスが1点を返すが、反撃もここまで。鹿島が大岩監督就任後の初陣を白星で飾り、リーグ戦での連敗を2でストップした。

 鹿島は勝点を24に伸ばしている。
【関連記事】
鹿島はなぜ監督を変えたのか?決断の裏には今季特有の事情が…
電撃解任の石井監督が公式FBでメッセージ「これからも鹿島を応援し続けて」
【鹿島】「まだ俺らの勝ちではない」。リードを得た時、昌子源が見ていた「風景」とは?
【ACL採点&寸評】鹿島×広州恒大|P・ジュニオール、金崎の健闘も空しく、常勝軍団はベスト16で散る
本田圭佑が「現時点で満足できるオファーもない。日本復帰は…」と新天地に言及

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ