グリエーズマンがアトレティコに退団志願! マンU移籍加速か?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月31日

アトレティコ側は慰留を続けてきたが…。

アトレティコに退団の意思を申し入れたグリエーズマン。移籍先の本命はかねてから獲得に熱心だったマンチェスター・ユナイテッドだ。(C)Getty Images

画像を見る

 フランス代表FWのアントワーヌ・グリエーズマンが所属するアトレティコ・マドリーに退団を申し入れた。現地時間5月30日、イギリスの『インデペンデント』やスペインの『アス』など複数のメディアが報じている。
 
 インデペンデント紙によると、アトレティコ側はグリエーズマンを慰留してきたが、フランス代表FWは30日、クラブに退団の意思を伝えたという。
 
 バイエルンやアーセナルからの関心も噂されるグリエーズマンだが、かねてから獲得のポールポジションにいると言われるのが、マンチェスター・ユナイテッドだ。ジョゼ・モウリーニョ監督は、DFマイケル・キーン(バーンリー)、FWアンドレア・ベロッティ(トリノ)などと並び、フランス代表FWの加入を熱望しているようだ。
 
 22日に出演したフランスのテレビ番組で、マンチェスター・Uへ移籍の可能性を問われたグリエーズマンは、「移籍の可能性は十分にあり得るよ。10分の6(6割)だ」とコメント。また、1月には今夏の加入で口頭合意に達していたとの報道もある。
 
 マンチェスター・Uは、プレミアリーグでは6位に終わったが、24日に行なわれたヨーロッパリーグ決勝でアヤックスを破り優勝。来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権を獲得しており、この結果が今回のグリエーズマンの決断を後押ししたのは想像に難くない。
 
 昨夏はユベントスから、ポール・ポグバを史上最高額となる1億500万ユーロ(約126億円)で買い戻したマンチェスター・Uだが、グリエーズマンの退団志願で2年連続の大型移籍へ向けた動きが加速するか。

 
【関連記事】
【ミラン番記者】「キャプテン本田圭佑」の真実。懸命な姿勢はクラブ史に刻まれた
【現地発】柴崎岳のスペイン語対応と笑顔に「成長」と「幸福」を見た
【CL決勝トリビア】ユニホームのカラー別のユーベ&マドリーの勝率とは?
バルサ退任のL・エンリケ、ペップやクライフとメジャータイトル数は互角!
「友達でいてくれてありがとう」イブラが引退の盟友マクスウェルにメッセージ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ