【J1採点&寸評】甲府×広島|今季初先発の元日本代表FWが攻守に大奮闘。広島の6試合ぶり白星に貢献

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月20日

甲府――両サイドのマッチアップで後手に回る展開に。

【警告】甲府=畑尾(60分) 広島=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】皆川佑介(広島)

画像を見る

[J1リーグ12節]甲府 1-2 広島/5月20日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 5
 前半立ち上がりは2トップを活かした攻撃が機能し、19分に小椋が豪快なミドルを決めて先制したところまでは優勢だった。だが、後半はシュート1本に終わったように、ほぼ決定機を作れず、相手の守備網を崩すことができなかった。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
23 岡 大生 5
1失点目はパスワークに翻弄され、CKから喫した2失点目も反応できず。前半、皆川のヘディングシュートを止めるなど、好セーブも見せていただけに失点が悔やまれる。
 
DF
5 新里 亮 5
攻撃では2トップに質の高いフィードを供給したが、1失点目は相手に行ききれずにパスを出されてゴールを許した。
 
3 畑尾大翔 5
1失点目では目の前で皆川に決定的なパスを通され、2失点目もゴール前にいながらボールを見送り、水本に決められた。
 
6 エデル・リマ 5.5
果敢な攻撃参加で起点となり、前半に作った好機の多くに絡んだ。ただし、1失点目では皆川に入れ替わられる致命的なミスも。
 
MF
16 松橋 優 4.5
柏とのマッチアップは見応え十分だったが、後半になると突破される場面が目立ち、チャンスを作られた。
 
40 小椋祥平 5.5
相手のクリアボールを抑えの利いた右足シュートでゴールに突き刺し、先制点を奪取。90分間、豊富な運動量で攻守に貢献していた。
 
15 兵働昭弘 5.5
攻守のバランスを取り、中央からサイドにボールを散らし、守備でも縦パスを通させなかったが、決定的な仕事はできず。
 
10 ドゥドゥ 5(73分OUT)
前を向いた際のドリブルには迫力があったのもの、徐々に下がってボールを受ける回数が増え、怖さが消えた。
 
14 田中佑昌 5.5
中盤からの積極的なプレスで相手に圧力を掛けていた。後半途中から左WBにポジションを移したが無難に対応した。
 
27 阿部翔平 4.5(81分OUT)
マッチアップしたミキッチのスピードに対応できず、何度も入れ替わられたり、突破されるなど、主導権を握られ続けた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ