【ルヴァン杯】3連勝の神戸が首位をキープ!C大阪も伏兵のJ初ゴールで2位を堅持

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月03日

グループBの3試合は、すべて1-0で決着。

決勝点を挙げた中坂(31番)。DFふたりともつれながらネットにねじ込んだ。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 ルヴァンカップ4節の6試合が5月3日、各地で行なわれた。グループBの3試合は、すべて1-0で決着。横浜が甲府を、C大阪が広島を、神戸が鳥栖を下して勝点3を手にした。
 
 山梨中銀スタジアムに乗り込んだ横浜は、31分にゴールを奪った。左サイドでボールを持った遠藤渓太がクロスを送ると、これを甲府DF土屋征夫がヘディングでクリア。しかし、こぼれ球が入間川景太に当たり、ゴールに吸い込まれてオウンゴールとなった。
 
 広島と対戦したC大阪は、56分に秋山大地がJ初ゴール。クロスのこぼれ球に反応し、エリア外からボレーを叩き込んだ。また、神戸は43分に中坂勇哉が決勝点。ウエスクレイが放ったミドルシュートのこぼれ球に詰めてゴールに押し込んだ。
 
 今節の結果、3連勝の神戸が首位、C大阪が2位をキープし、横浜が3位に浮上している。Bグループの結果と順位は以下のとおり。
 
3節の結果
甲府0-1横浜
得点者/横浜=OG(31分)

広島0-1C大阪
得点者/C大阪=秋山(56分)
 
神戸1-0鳥栖
得点者/神戸=中坂(43分)

Bグループ順位
順位 チーム名/勝点/得失差
1 神戸/9/6
2 C大阪/8/3
3 横浜/6/0
4 広島/4/-3
5 鳥栖/2/-1
6 甲府/2/-1
7 新潟/1/-4
【関連記事】
【ルヴァン杯】3連勝の仙台が首位浮上! U-20勢が奮闘のFC東京、磐田が順位上昇
【FK秘話】「蹴ったら」と、久保建英の背中を押したのは?
FC東京・篠田監督が「スタメンでもいける」。久保に文句なしの合格点
日本サッカーを彩る「美女サポーター」たちを一挙に紹介!
【ルヴァン杯】“U-20日本代表対決”は決勝弾の小川航に軍配!磐田が柏に逆転勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ