ブラッター前FIFA会長、憎き(?)プラティニに「UEFAかFIFAに復帰するべき」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年04月27日

「私は一度たりとも、彼に害を与えようとしたことなどない」

失脚したふたりの権力者が、再びサッカーの表舞台に登場することはあるだろうか。 (C) Getty Images

画像を見る

 1998年6月にFIFA会長に選出され、以降、長きにわたってサッカー界の舵取りを担ってきたゼップ・ブラッターが、5期目の再選を果たした直後に辞任したのが2015年のことだった。
 
 多くの逮捕者を出したFIFA汚職事件に関連して、彼の会長生命も突然終わりを迎えたわけだが、同時にFIFA会長への道を閉ざされたのが、当時のUEFA会長にしてFIFA副会長だったミシェル・プラティニである。
 
 200万スイスフランの不正な金銭授受が行なわれたとして、支払ったブラッター、受け取ったプラティニの両方に対しFIFAの倫理委員会が8年の資格処分停止という厳罰を下したが、プラティニはコンサルタント料として正当な報酬であると主張し、提訴も行なっていた。
 
 これについては、2022年ワールドカップの開催国決定の際、ブラッターの思惑に反してプラティニがアメリカではなくカタール支持に回ったことで、両者のあいだに確執が生まれ、ブラッターが失脚した際に“憎き”プラティニを道連れにしたという説もある。
 
 しかし先日、『AFP』のインタビューを受けたブラッターは、プラティニに対して“現場復帰”を期待していると語った。
 
「彼はUEFAかFIFAに復帰するべきだ。しかし、その前に疑惑を払拭しなければならない。それは私も同じだが。潔白を示す新たな材料が出てきた場合、再度、裁判を起こすことができるが、私にはその材料がある。内容は今、明かすことはできない」
 
 プラティニといえば、こちらも先日、『ル・モンド』のインタビューを受け、そのなかで「ブラッターは今回の件で、全く私を守ろうともしなかった。彼はこれまで見てきた人間のなかで、一番のエゴイストだ」と激しく非難していた。
 
 これに対してブラッターは「彼が私のことをエゴイストだと思うのは致し方ない」としながらも、以下のように反論している。
 
「私はプラティニが2007年にUEFAの会長となる時には全力で支援したし、以降も良い関係を保ち続けてきた。なのに、なぜ彼があのような態度を取るのかが理解できない。私は一度たりとも、彼に害を与えようとしたことなどない」
 
 少し前には、新たにFIFA会長となったジャンニ・インファンティーノが自身とのコンタクトを断っていることに対し、「敬意に欠ける」と非難したブラッター。今回のメッセージは、「築き上げてきた経歴や名誉が失われた」と憤慨しているプラティニに届くだろうか。
【関連記事】
現役最後のポカールはベスト4敗退…ラームは「勝ちたかった」と無念さ隠さず
【小宮良之の日本サッカー兵法書】監督は戦術のディテールを授け、選手はそれを臨機応変に活用せよ
リーガ2部降格寸前のグラナダ……クラブの迷走がチームを崩壊させた典型例
【セルジオ越後】“不適切フラッグ問題”は是正すべき。ただし、厳しすぎる処罰は必要ないよ
モウリーニョ監督、長期離脱のイブラヒモビッチにエール「強い男の手に未来はある」
本田圭佑から「ミランの背番号10」を継承するのは誰だ!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ