• トップ
  • ニュース一覧
  • 【磐田】「やりたいことの半分しかできなかった」と中村俊輔。一方で「勝点1以上の価値」と掴んだ手応えとは?

【磐田】「やりたいことの半分しかできなかった」と中村俊輔。一方で「勝点1以上の価値」と掴んだ手応えとは?

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年02月25日

新天地デビューの第一声は「短かった。あっという間だった」。

中村俊輔にとって、約8か月ぶりのフル出場。「短かった。あっという間だった」とコンディションは万全な様子だ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ開幕戦] セレッソ大阪 – ジュビロ磐田/2月25日/ヤンマースタジアム

 中村俊輔の磐田での初陣は、スコアレスドローに終わった。それでも中村にとっては、昨季第2ステージ5節・横浜-磐田戦(1-1)以来、8か月ぶりのフル出場。課題が見えたことを含め"収穫"は多かった。

【PHOTO】俊輔が新天地デビュー! FKで随所に見せ場作る
 
「短かった。あっという間だった。それだけ、しっかり準備をして臨めたからだと思う。90分プレーしたが、あまり疲れてもいない。ゾーンに入っていた」
 
 中村は新天地で飾ったデビュー戦をまず、そう振り返った。
 
「やりたいことの半分しかできなかったが、現状のベスト」
 
 C大阪相手に崩されるシーンはほとんどなかった。一方、磐田が作った決定機も限られた。決して満足はしていない。しかし、これが磐田と中村自身の現在地であると受け止めていた。
 
 立ち上がりは「相手が前から来るかなと思ったが、慎重にボールを回して様子をうかがう、開幕戦ならではの立ち上がりになった」。そして後半は「相手がエンジンをかけた」とオープンな展開になり、互いにチャンスを作り出した。磐田も終盤に右サイドを切り崩し、最後はムサエフが惜しい決定的なシュートを放った。
 
「お互いにボールを奪ったあとに帰陣するのが早かった。そのなかで、一回改めて引こうという対応もできていた。ただゴールに結びつける『個』が自分自身も足りないとい思った」
 
 そのように中村は課題を語っていたが、「勝点1以上の得るものは間違いなくあった。それを共有していきたい」と手応えを得ていた。
 
 磐田での背番号10をつけて臨んだ初の公式戦。「新鮮だった」と振り返ったが、”発見”もあったという。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】C大阪×磐田|山口蛍対中村俊輔の「10番対決」の行方は?
【C大阪】清武不在のなか光明? 柿谷の「左サイドハーフ起用」を考察する
【清水秀彦のJ1順位予想】優勝争いは鹿島、浦和、G大阪。C大阪以外の昇格組は…
【C大阪】「ボールに絡めなかった」と柿谷。清武欠いた攻撃陣で存在感発揮できず
【磐田】中村俊輔の決意全文。中田英、ストラカン、名波監督らとの出会いから…集大成の挑戦!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ