レスターの新監督は誰に? マンチーニ、デブール、パーデューなど複数の候補者が浮上!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月24日

不祥事で解任となった元監督のピアソンの名前も。

11-12シーズンにマンチェスター・Cを優勝に導いたマンチーニ。プレミアリーグでの経験は申し分ないが、今のレスターに着任する可能性は低いか。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月23日、レスターは指揮官のクラウディオ・ラニエリを解任したことを公式サイトで発表した。
 
 クラブの副会長を務めるアイヤワット・スリバッダナプラバは、「その魅力、カリスマ性が、クラブの認識を変え、知名度を世界レベルに成長させてくれた」と感謝を述べながら、「残留争いに直面しており、可能性を最大限に広げるために監督交代が必要だと思った」と解任理由を明かした。
 
 当面の間は、ファーストチームのコーチを務めるマイク・ストーウェルとアシスタントのクレイグ・シェークスピアがチームの指揮を執るとクラブは発表しているが、英国の複数メディアはすでにラニエリの後任候補を挙げている。
 
 そのなかで筆頭候補とされているは、2001年にレスターでプレーした経験を持ち、昨夏までインテルを率いていたイタリア人指揮官のロベルト・マンチーニだ。
 
 英紙『デイリースター』は、後任候補なかでプレミアリーグ優勝の経験を持つマンチーニを「レスターが今、最も気になっている監督」と伝えた。
 
 また、英紙『テレグラフ』は、マンチーニの他に昨年11月までインテルを率いていたフランク・デブールとラニエリがレスターに就任する際にも監督候補に挙げられていたフース・ヒディングというオランダ人指揮官の名前を挙げた。
 
 さらに、地元紙『レスター・マーキュリー』は、2014-15シーズンにレスターを残留に導いていたナイジェル・ピアソンの再招聘を訴えている。
 
 ピアソンは、2014-15シーズンに32節まで最下位に沈んでいたレスターを“奇跡の残留”に導いたが、翌オフシーズン中にレスターのサテライトに所属した実息のジェームズ・ピアソンがチームのタイ遠征中に複数選手とともに乱交騒ぎを起こした責任を問われ、解任の憂き目にあっていた。
 
 また、『中堅クラブを指揮するスペシャリスト』という点において、推す声が少なくないのが元クリスタル・パレス指揮官のアラン・パーデューだ。
 
 パーデューが1999年からスタートさせた監督キャリアで率いてきたのは、レディング、ウェストハム、チャールトン、サウサンプトン、ニューカッスル、クリスタル・パレスといずれもイングランドの中堅クラブ。2010年12月からニューカッスルを指揮した2010-11シーズンには、不振を極めていた名門を見事に立て直して残留に導くなど、短期間で結果を残すことに長けている。
 
 レスターの現状を考えれば、新天地では失敗したくはないと考えているであろうマンチーニやデブールといった大物が「降格」のリスクを背負うことは考えにくく、ヒディングもすでに指導者キャリアから退く決意を固めているとも伝えられる。ピアソンかパーデューの招聘、あるいはこのままコーチ陣に指揮を託すシナリオが現実的か。

 はたして、レスターの新監督人事やいかに?
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ