欧州蹴球4コマ漫画 Vol.27「ユーベの“ファイブ・スター”、自分が5人目だと勘違いしたふたり」

カテゴリ:メガクラブ

JERRY

2017年02月24日

マンジュキッチだけが「スター」の雰囲気がないため…。

 人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。
 
 第27回のテーマは、ユベントスの「ファイブ・スター」を巡るエピソードだ。
 
 今シーズンのユーベは、開幕から引き続き3-5-2を基本システムに据えてきたが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は1月に入って4-2-3-1の新機軸を打ち出してきた。
 
 CFにゴンサロ・イグアイン、2列目に右からファン・ギジェルモ・クアドラード、パウロ・ディバラ、マリオ・マンジュキッチ、さらにダブルボランチの一角に攻撃色の強いミラレム・ピャニッチを配置。守備重視のイタリアでは珍しいアタッキングマインドの強いシステムとあって、現地では「チンクエ・ステッレ(ファイブ・スター)」と話題を呼んでいる。
 
 5人が共存をはじめた1月22日のラツィオ戦から破竹の7戦全勝を収めていることもあり、ユーベのファイブ・スターは2-0で勝利した2月22日のポルト戦(チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグ)でも大きな注目を集めた。
 
 しかし、イグアイン、クアドラード、ディバラ、ピャニッチと見栄えがするプレーヤーたちはいいが、この4人と違ってハードワーク型のマンジュキッチは、いまいち「スター」の雰囲気が出ていない。
 
 そのため、サミ・ケディラとアレックス・サンドロが「自分がスターのひとりかも!」と勘違いしていたとか、いないとか…。
 
【関連記事】
本田圭佑がシアトルに電撃移籍!? 「ミランは契約解除にも応じる」と現地報道
「不可解」、「失望」、「頭が狂った」ラニエリ電撃解任にリネカーなど識者たちの不満が爆発!
伊紙が本田を「出場機会のない選手」にトップ選出…10番に不相応と断罪する一方で激励も
岡崎がラニエリ解任発表に「いいね」?
【セルジオ越後】柴崎に見る海外移籍の難しさ。欧州に行けば良いってもんじゃない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ