「不可解」、「失望」、「頭が狂った」ラニエリ電撃解任にリネカーなど識者たちの不満が爆発!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月24日

リネカーは真っ先にクラブの姿勢を批判。

リネカーは「ラニエリと生涯契約を結んでほしいくらいだ」と語ったほどラニエリを信望していただけに、今回の解任には大きな怒りを感じているようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間2月23日、岡崎慎司が所属するレスターは、指揮官のクラウディオ・ラニエリを解任したことを公式サイト上で発表した。
 
 レスターは「プレミアリーグでの戦況は、クラブの地位を脅かすもので、不本意で、辛いことではあるものの、幹部がリーダーの変更が必要であると判断した」と解任の理由を明かし、「最も成功を収めた人物であることに疑いはない」と昨シーズンにクラブ史上初の国内リーグタイトルをもたらした指揮官との別れを惜しんだ。
 
 偉大な監督に別れを告げ、新たな船出を決意したレスターだが、今月7日には公式声明で「監督への揺るぎないサポートを明確にする」とラニエリと心中する覚悟を見せていただけに、この突然の解任劇には懐疑的な見方が少なくない。

 誰よりも真っ先にクラブへの不信感を口にしたのは、レスターOBで現在は『BBC』などで解説者を務めるガリー・リネカーだ。
 
 リネカーは自身のツイッター上で、「クラウディオ・ラニエリがレスターのためにしてきたことを考えると、彼の解任は不可解なもので、許されないことだ。うんざりするほど悲しい」と語っている。
 
 さらに元トッテナムの指揮官で、現在は『BTスポーツ』で解説者を務めているハリー・レドナップは、「特別に驚くようなことはない。しかし、失望している。彼は偉業を成し遂げたんだからね。チームが降格の危機に瀕していると、オーナーってものはパニックを起こすんだ。私はそれが悲しいよ」と、レスターのフロント陣の決定に苦言を呈した。
 
 また、元イングランド代表FWのマイケル・オーウェンは、「恥辱的なことだね。レスターの選手やファンは失望していることだろう」と辛辣な言葉を残している。
 
 そのオーウェンとリバプール時代の同僚で、元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガーは、自身が解説を務める『SKYスポーツ』のサイト上で以下のように語った。
 
「レスターが2部降格の危機に瀕していたことは事実だが、レスターはそもそもエレベータークラブ(1部と2部を行き来するチーム)だったはずだ。彼らはリーグタイトルを獲得したからといって、ビッグクラブになったわけではないだろう? レスターは2015年にラニエリと契約した時、彼に何を期待していたんだろう?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ