アーセナルの守護神チェフ、独自のGK論と恩師ハリルホジッチを語る!

カテゴリ:ワールド

松澤浩三

2017年02月24日

「プレミアリーグはコンシステンシーが大事」

プーマの新スパイク『evoPOWER VIGOR 1』の発表イベントに参加したチェフ。日本メディアのインタビューに応じた。写真:プーマ

画像を見る

 1月16日にロンドンで開催されたプーマの新スパイク(『evoPOWER VIGOR 1』)発表会に、アーセナルの守護神ペトル・チェフが登場。独自のGK論、レンヌ時代に師事したヴァイッド・ハリルホジッチ監督などについて語った。
 
――プレミアリーグは年々競争力が高まっています。実際にプレーする選手としてはどう感じていますか?
 
ペトル・チェフ:たしかに毎シーズンごとに難しくなっている。毎試合ほんとに大変さ(苦笑)。どのクラブも次々とクオリティーの高い選手を補強して、どんどん強くなっているからね。ニューカマーたちは大きな野心を抱いてプレミアにやってくるから、競争力はさらに上がる。だからプレミアリーグではほかのリーグ以上にさらにコンシステンシー(継続性)が大切で、継続して好パフォーマンスを維持しないと勝点を落としかねない。
 
――チェルシーで11シーズンを戦い、アーセナルは今シーズンで2年目。この2つのビッグクラブのロッカールームで大きな違いはありますか?
 
チェフ:いや、そんなにないかな。どちらのチームでも選手たちはプロフェッショナルで、毎日みんなハードに練習して成長することを心掛けている。常に勝利のためにトレーニングを重ね、勝利に対してハングリーなのは、どちらのロッカールームも一緒だ。ビッグクラブならどこでも同じだと思う。フットボーラーとして大事なメンタリティーだし、それはチェルシーでもアーセナルでも同じだよ。
 
――ところで、いつからゴールキーパーをやっているんですか? 子供はあまり好まないポジションですよね?
 
チェフ:最初は事故みたいなものだったんだ(笑)。8歳のときかな、たまたまゴールキーパーをやることになってね。そこからしばらくはフィールドプレーヤーもやったけど、10歳からはずっとゴールキーパーだね。私には合っていたと思う。
 
――ゴールキーパーというポジションはフラストレーションが募らないですか? とくにチームが負けているときなどは、攻撃に参加したいとは思いませんか?
 
チェフ:自分たちが不利な状況では、もちろんフラストレーションも募るよ。でも、私のポジションはあくまでゴールキーパーだ。いざピンチになったときにチームを救うのが一番の仕事で、それを誇りに思っている。前線に行きたがるゴールキーパーがいるのは知っているが、それは私のスタイルではない。
【関連記事】
アーセナルのチェフが「日本」を語る! カズ、本田、香川を称賛し、浅野にはエールを送る
ジルー、バロテッリ、チェフが着用! プーマの次世代パワースパイク『evoPOWER VIGOR 1』の販売がスタート!
“パイ食い”巨漢GKが賭博疑惑で解雇! リネカーは「サッカー界からユーモアが失われる」と嘆く
【セルジオ越後】柴崎に見る海外移籍の難しさ。欧州に行けば良いってもんじゃない
【コラム】メッシから笑顔が消え、L・エンリケには口笛…バルサの問題が深刻化する

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ