ウィルシェアの新天地候補はマンC? シャビがグアルディオラ監督の“頭の中”を語る

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年02月17日

「ペップはウィルシェアをずっとリスペクトしている」。

マンCの有力な新戦力候補にウィルシェアが浮上。この夏の動向が気になるところだ。 (C)Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・シティの新戦力候補として、これまでに何度か取り沙汰されてきたのが、アーセナルがパスを所有するイングランド代表MFのジャック・ウィルシェア(現ボーンマス)だ。

 もはや噂レベルとして片づけられないのは、先ごろ、マンCのジョゼップ・グアルディオラ監督がウィルシェアに抱く興味の有無を、その指揮官のバルセロナ時代の愛弟子であるシャビ(アル・サッド)が『フォックス・ラテン・アメリカ』に語ったからである。
 
「ペップ(グアルディオラの愛称)はウィルシェアをずっとリスペクトしている。2011年にわれわれが(チャンピオンズ・リーグで)アーセナルと対戦した時からずっとね。あの試合でウィルシェアは、それだけ強烈な印象を僕たちに与えんだ」
 
「ウィルシェアは、ペップが好むタイプの選手さ。実際、そういう会話をペップと何度かしたことがある」
 
「ウィルシェアが抱える問題は、怪我が多いことだ。でも、現在はフィットしているみたいだね。この夏に彼と交渉する機会をもし持てるなら、ペップは(獲得を)前向きに検討するんじゃないかな」
 
 出場機会を求めて昨夏にレンタル移籍を決断し、現在はボーンマスでプレーするウィルシェアとアーセナルの契約は18年6月まで。レンタル復帰する来シーズン以降の去就は不透明で、市場に出回る可能性は十分にある。
 
 加えて見逃せないのが、マンCの中盤事情だ。シーズン終了後に契約が切れるトゥーレ・ヤヤの処遇は棚上げされたままで、ファビアン・デルフは依然としてペップの信頼を掴めていない。

 さらに右膝にシーズン絶望の怪我を負ったイルカイ・ギュンドアンが戦列復帰後、すぐにトップフォームを取り戻せるどうか、その不安もある。つまり潜在的な問題を抱える中盤は、重要な補強ポイントの一つなのだ。
 
 近年のアーセナルは、マンCの“優良取引先”になっている。09年夏にはエマニュエル・アデバヨールとコロ・トゥーレを、11年夏にはサミア・ナスリとガエル・クリシを、そして14年夏にはバカリ・サーニャを獲得しており、クラブ間に細くないパイプがあるのは間違いない。相応の額を提示されれば、アーセナル側も換金の売却にやぶさかではないだろう。
 
 はたしてこの夏、ペップ率いるマンCはウィルシェアの獲得に動くのか――。注目だ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
世界最優秀審判がプレミアからサウジアラビアへ「移籍」! 2012年には人種差別発言で物議
ミランやバルサ行きが破談のカセレス、サウサンプトンで吉田の同僚に!
EL先勝のマンU、3発イブラは「決定的な瞬間」、兄弟対決のポグバは「不思議な感じ」
【プレミアリーグ25節のスタッツ別最優秀選手】イブラが「キーパス」と「シュート数」で“2冠”に!
サポーターが敵選手をピッチで袋叩きに…アルゼンチンで前代未聞の暴動が勃発!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ