サポーターが敵選手をピッチで袋叩きに…アルゼンチンで前代未聞の暴動が勃発!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月17日

唾を吐きかけたことが発端となり…。

サポーターに蹴りを見舞うタジャレスの選手。しかし、この直後に形成は逆転し、逆襲を食らう羽目に。 ※写真はLa Nacionのツイッターより。

画像を見る

 アルゼンチンで起きた衝撃的な事件が大きな話題となっている。
 
 その事件は、現地時間2月15日に行なわれたコパ・アルヘンティーナ地方予選2回戦のセントラル・ノルテ対タジェレスの試合終了後に発生した。
 
 試合は1-0でアウェーのタジェレスが勝利したものの、2戦合計スコアで2-1と上回ったセントラル・ノルテが次ラウンドへ駒を進める結果に終わっていた。
 
 そんななか、選手たちが控室に戻ろうとしたところ、セントラル・ノルテのサポーターがタジェレスDFのフランコ・ソサに対して唾を吐きかけたうえ、さらにフェンスを越えてピッチに侵入。激高したソサを初めとするタジェレスの選手たちが、敵サポーターとピッチを駆け回る事態に発展したのだ。
 
 しかし、この騒動はこれだけでは収まらない。セントラル・ノルテのサポーターに対して、タジェレスDFのダビド・アルガニャラスが飛び蹴りを見舞うも、これが不発。足を痛めて倒れ込んだアルガニャラスを複数の敵サポーターが取り囲み、袋叩きにするという異常事態となったのだ。
 
 最終的に駆けつけた警察が間に入って事態は収拾したものの、サポーターと選手が入り乱れる異様な光景は、アルゼンチン・サッカーの闇を表すようでもあった。
 
 ボカ・ジュニオルスやラシンなど国内有力クラブでのプレー経験を持ち、今回の騒動の発端となった唾吐きを受けたソサは、アルゼンチン・メディア『TYCスポーツ』に対して「最悪だし、困惑した。あいつらは俺の顔に唾をかけてきたから、やり返したんだ。俺たちは暴力を正当化するつもりはないけど、レフェリーも酷いよ。彼らの対応は間違っていた」と怒りを露わにした。
 
 今のところサポーターやクラブに対する処分などは未発表だが、アルゼンチン紙『オレ』に対してソサは、「こんなことは今まで経験したことがない。人々が俺らを侮辱し、物を投げつけてくるんだ。でも、彼らは法廷じゃ罰せられない」と嘆いている。
【関連記事】
「メッシはアルゼンチン代表でプレーする必要はない」とマラドーナ……その理由は!?
「戦力外」から這い上がった矢先に大怪我…。それでもバルサの苦労人は笑顔と気迫を失わない
【ミラン番記者】本田圭佑は「帰属意識」を失った? それでも出番があればきっと…
過激派ファンに愛車を「放火」される…憤慨のペスカーラ会長がクラブ売却を表明
ミランやバルサ行きが破談のカセレス、サウサンプトンで吉田の同僚に!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ