【横浜】齋藤が新キャプテンに就任!中澤ら4人が副キャプテンとしてサポート

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月15日

「これまで以上の強い覚悟と自覚、責任感を持ってプレーしたい」

新キャプテンに就任した齋藤。10番を背負ってチームを牽引する。

画像を見る

 横浜が15日、齋藤学が新キャプテンに就任したと発表した。
 
 齋藤は、今オフに海外移籍を模索したが、新天地が見つからずに横浜と契約を更新。同時に「自分にプレッシャーをかける意味でも重要な番号」と、磐田に移籍した中村俊輔の背番号10を志願して受け継いだ。さらに、今回のキャプテン就任だ。新シーズンにかける強い意気込みが伝わってくる。本人はクラブ公式HPを通して以下のようにコメントした。
 
「今シーズン、チームのキャプテンを務めさせて頂くことになりました。F・マリノスのキャプテンという、責任ある立場を務めることは自分自身の中で挑戦でもありますが、自分の色を出し、副キャプテンの選手たちや経験豊富な選手たちと共に、F・マリノスが強くなるためにチームを引っ張っていければと思っています。選手やスタッフ、会社やファン・サポーターの皆さんと共に、一体感の溢れるチームを目指し、F・マリノスに関わる全ての人たちと共に喜びを感じるために、これまで以上の強い覚悟と自覚、責任感を持ってプレーしたいと思います」
 
 また、副キャプテンは中澤佑二、栗原勇蔵、飯倉大樹、喜田拓也の4人に決定。初めて副キャプテンに就任した喜田は、「横浜F・マリノスの副キャプテンになることを誇りに思います。覚悟と責任を持ち、マリノスがより魅力的なチームになるよう全力を尽くします。マリノスに関わる全ての人が1つになり、良いシーズンにしましょう」と語った。
 
【関連記事】
【磐田】中村俊輔、横浜の10番を引き継ぐ齋藤学から「断りの電話」を受けていたと明かす
【横浜】齋藤学はなぜ10番にこだわり残留を決断したか――新生F・マリノスはどう変わる?
【Jリーグ都道府県別選手数ランキング】1位東京は全1558人の約1割。“王国”静岡は沼津が入会するも…
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!
【セルジオ越後】清武のセレッソ復帰は妥当な判断。日本に戻るのは恥ではない

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ