長友に再びチャンス到来? ライバル不振でユベントス戦で先発起用も

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年02月02日

酷評されるアンサルディ。ユーベ戦で長友が先発も?

今シーズンはセリエAの出場が8試合にとどまっている長友。もし、ユベントス戦で起用されて好パフォーマンスを披露できれば、一気に定位置を確保する可能性もある。 (C) Getty Images

画像を見る

 インテルの左SBクリスティアン・アンサルディが批判に晒されている。日本代表SBの長友佑都にとっては、大一番のユベントス戦(セリエA23節)でスタメンの座を手にするチャンスかもしれない。
 
 セリエA7連勝と好調を維持しているインテル。しかし、現地時間1月31日のコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦では1-2と敗れ、2シーズン連続のベスト4進出を逃しただけでなく、公式戦での連勝記録も9で止まった。
 
 このラツィオ戦で批判の矢面に立たされた一人が、先制点を挙げたフェリペ・アンデルソンへのマークが明らかに甘かった、左SBのアンサルディだ。
 
 今シーズンからインテルでプレーするアルゼンチン代表DFは、昨年11月にステーファノ・ピオーリ監督が就任してから左SBのレギュラーを務めてきたが、インテルが1-0と勝利したセリエA21節のパレルモ戦でも、2枚のイエローカードをもらって退場するなど低調が続き、ここにきて批判が集中している。
 
 2月2日付けの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙は、アンサルディがデュエルの勝率(58.6%)やパス成功率(75.6%)などで不十分であることに加え、イエローカード6枚、レッドカード1枚をもらっていることも指摘。ジェノアに在籍した昨シーズンよりパフォーマンスが下がっていると批判した。
 
 当然、ここにきて注目されるのは、ピオーリ監督がこのままアンサルディを起用すべきかどうか。インテルが2月5日の次節で対戦するのは、絶対王者ユベントスだ。最近の試合で超攻撃的布陣を採用している王者の右サイドには、高速ドリブラーのファン・ギジェルモ・クアドラードがいる。
 
 ガゼッタ・デッロ・スポルト紙は、「ピオーリ監督はアンサルディの目を見て、その心を読み、彼に賭けるのがチームにとって最善の選択肢なのかを理解しなければいけない」と報道。アンサルディがユーベ戦でポジションを失う恐れがあると伝えた。
 
 仮にアンサルディがベンチ降格となった場合、代役となり得るのは、長友かダビデ・サントンだ。パレルモ戦ではアンサルディが退場した際にサントンが代役に選ばれたが、アンサルディが出場停止だった前節ペスカーラ戦で指揮官は、サントンではなく長友を先発フル出場させている。
 
 現在、セリエAで4位につけ、チャンピオンズ・リーグ出場圏内となる3位浮上を目指すインテルにとって、国内リーグ戦8連勝が懸かる王者とのアウェーゲームは、今シーズンの出来を左右しかねない重要な一戦だ。

 その大一番で、長友がセリエA2試合連続スタメンのチャンスを掴めかに注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ