横浜が若手&新戦力の躍動でバンコク・Uに3-2で勝利。富樫と中島が1得点・1アシスト

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年01月24日

新戦力の扇原が2ゴールに絡む活躍。

20分に鮮やかなターンから先制点を決めた富樫。1得点・1アシストをマーク。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

「2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」のバンコク・ユナイテッド対横浜F・マリノスが1月24日、タイのラジャマンガラ・スタジアムで行なわれた。

 横浜のスタメンは、GKが飯倉大樹、4バックはパク・ジョンス、新井一耀、松原健、高野遼。中盤はボランチに中町公祐と天野純が入り、2列目に遠藤渓太、中島賢星、前田直輝、1lトップに富樫敬真が起用された。

 前半、先手を奪ったのは序盤からチャンスを作り出していた横浜だった。20分、中島からの縦パスを受けた富樫がワンタッチで相手をかわすと、左足のシュートでゴールネットを揺らした。

 その後、バンコク・Uも反撃に出るが、GK飯倉を中心に横浜が堅守でゴールを許さず、横浜の1点リードで前半を折り返す。

 後半、横浜はCBの中澤佑二、新戦力ボランチの扇原貴宏ら4人を入れ替えてスタート。その立ち上がり、横浜はカウンターを受けてファウルで食い止めたものの、FKを直接決められ、1-1の同点とされてしまう。

 しかし横浜は62分、扇原からの縦パスが前線の富樫に入ると、その落としを中島がインサイドキックで狙いすましたシュート。これがゴールネットを揺らし、横浜が勝ち越しに成功する。

 さらに83分、横浜は再び扇原からの縦パスに、交代出場の新加入FW仲川輝人が抜け出し、GKの頭上を抜くループシュートを決める。リードを2点差に広げる。だが直後の85分、横浜はセットプレーからビノタイにヘディングシュートを決められ再び1点差に。

 その後はバンコク・Uの反撃を封じた横浜。3-2で初戦を勝ち切った。
 
【関連記事】
【TM日程&結果】遠藤の先制FKなどでG大阪が高原の沖縄SVに快勝。川崎は新外国籍FWがゴール!
【神戸】ポドルスキだけじゃない!J1優勝候補の一角に推せる3つの理由
今冬に最も効果的な補強をしたクラブは?充実の鹿島と神戸、玄人集団の鳥栖も注目だ
【川崎】伊藤宏樹スカウトも伸びしろを確信。無名の大卒FW知念慶が小林悠を大いに意識するわけ
仙台が新ブラジル人助っ人を獲得。ポルトガルの名門ブラガより移籍

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ