【天皇杯決勝】決勝ゴールの背景に苦悩の日々。ファブリシオの知られざる真実

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2017年01月01日

「鹿島のために完璧な仕事ができたと言えばそうではない」

見事な決勝ゴールを決めたファブリシオ。写真:徳原隆元

画像を見る

[天皇杯決勝]鹿島2-1川崎/2017年1月1日/吹田S 

【天皇杯決勝PHOTO】鹿島 2-1 川崎|ファブリシオ弾で鹿島が今季二冠&通算19冠を達成
 
 延長前半、川崎を突き放すゴールを決めた直後、ファブリシオはまず「家族」のことを思い浮かべたという。苦しい時も支えてくれた家族がいたからこそ、今の自分があると信じているからだろう。このブラジル人アタッカーはこの決勝弾については素直に喜んでいた。
 
 しかし、この半年間を振り返ると満足な仕事ができたわけではない。16年7月にポルトガルのポルティモネンセから期限付き移籍で加入したファブリシオだが、Jリーグやクラブワールドカップでは結果らしい結果を出せず、むしろ苦しい日々を過ごした。
 
「(この半年間で)自分の特長、サッカースタイルを出せなかった。鹿島のために完璧な仕事ができたと言えばそうではない。(鹿島に来る前は)5年間ヨーロッパでプレーしており、そこからスイッチを切り替えるのは大変だった。サッカースタイル、戦術的規律もまったく違う。戸惑いはありました」
 
 つまり、環境の違いがファブリシオを苦しめた一因だったわけだ。
 
「ブラジルからヨーロッパのクラブに行った時も5か月間ぐらいは戸惑いました。どこに行っても、そういうことはあります」
 
 ただ、それでも鹿島で挫けずに頑張ってこられたのはチームメイト、スタッフなどのサポートがあったからである。
 
「動き方、パスコースの限定のやり方など、通訳を通じてアドバイスしてもらいました。みんなが私のことを気にかけてくれて。できることもあれば、できないこともありましたが、いろんなものを吸収するうえでこの5か月間は貴重な時間だった」
 
 そう話すファブリシオの表情からはポジティブな雰囲気が伝わってきた。
 
「献身的に取り組んできたご褒美が、今日のゴールだった。素直に嬉しい。最後の最後でチームのためになにかを果たせたのかなと。今はすっきりした気分でいます」

12月22日発売号の特集は「日本サッカー2017年の予言書」。巻頭インタビューでは大迫選手が鹿島アントラーズについても語ってくれています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ