【天皇杯準決勝】鹿島2-0横浜|柴崎、絶妙2アシスト! 土居、鈴木のゴールで鹿島が二冠へ王手!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月29日

2010年以来、6大会ぶりの決勝進出!

土居、鈴木(34番)のゴールを引き出した柴崎(10番)。鹿島を6大会ぶりの決勝に導いた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[天皇杯準決勝]横浜×鹿島/2016年12月29日/長居

 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準決勝、横浜F・マリノス対鹿島アントラーズの一戦が、13:05にキックオフされた。

 リーグ王者の鹿島は、24日の準々決勝・サンフレッチェ広島から司令塔の柴崎岳がスタメン復帰。しかし、エースの金崎夢生は体調不良で欠場となった。一方の横浜は、中村俊輔がベンチスタートとなっている。

 立ち上がり、チャンスを作ったのは横浜だった。10分に左サイドから打開すると、クロスを受けたマルティノスが左足のシュート。ここはGK曽ヶ端準の好セーブに阻まれた。これを機に横浜がリズムの良い攻めを見せるが、鹿島もクラブワールドカップで見せた堅守で凌いでいく。

 すると鹿島も35分、中村充孝のクロスに柴崎がボレーで合わせるが、GK榎本哲也がファインセーブ。直後、横浜はカウンターから突破口を見出し、前田が至近距離から決定的なシュート。しかし、これも鹿島守備陣のブロックに阻まれ得点ならず。

 41分、鹿島は右サイドへ展開すると、柴崎のライナー性のクロスに土居聖真がヘディングで合わせる。これがGK榎本のセービングを破り、ゴールに吸い込まれる。鹿島が先制した。

 さらに鹿島は44分に柴崎がクロスバー直撃のシュートを放つなどチャンスを創出。鹿島がいいリズムを保ち、1点をリードして前半を折り返した。

 後半立ち上がりの46分、横浜はマルティノスのクロスに富樫敬真が合わせたが、GK曽ヶ端の正面を突き、ゴールならず。しかし、その後はセカンドボールの争いで鹿島が優位に立ち、鹿島が押し気味に試合を進める展開に。

 すると横浜は62分、攻撃のリズムを変えるべく、富樫に代えて中村を投入。直後のCKでは正確なキックで新井一耀の惜しいヘディングシュートを引き出す。

 一方の鹿島も66分、赤﨑秀平に代えて鈴木優磨を投入した。

 そして73分、永木の絶妙なスルーパスに反応した柴崎がペナルティエリア内に侵入。柴崎のクロスに途中出場の鈴木が左足で押し込み、鹿島が追加点をゲット。リードを2点に広げた。

 その直後、小笠原に代わって遠藤康が投入された。

 87分、鹿島は前線からの守備が機能し、相手のミスを誘ってボールを奪うと、ファブリシオが遠めから無人のゴールに向かって決定的なシュートを放つが、惜しくも枠を外れた。

 横浜も最後まであきらめず、90分には中村とのワンツーから齋藤学が決定的なシュートを放つが、GK曽ヶ端がファインセーブ。さらにアディショナルタイムにもセットプレーからポスト直撃のシュートもあったが、ゴールには至らず。

 結局、鹿島が2-0で横浜を下し、2010年以来、6大会ぶりの決勝進出を果たした。

【横浜 0-2 鹿島 天皇杯準決勝PHOTO】柴崎が2アシストの活躍!鹿島が2冠に王手
【関連記事】
【Jリーグ監督人事】活発な動きを見せたJ2。J1は川崎、C大阪など4クラブが交代
鹿島が2選手の獲得を発表。湘南の10番が浦和へ移籍
【天皇杯準決勝】大宮0-1川崎|川崎が初の決勝進出!風間体制、有終の美まであと1勝
2017年は日本代表、鹿島の脅威に!? “ジーコ”率いるタイ代表をFIFA公式サイトが特集
【横浜】去就が注目される齋藤学。今は「F・マリノスを強くするために戦う」だけ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ