久保建英が4戦連発&極上アシスト! 国際ユース大会全4試合で6発の大暴れ!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月25日

敵陣中央から鮮やかなスルーパスを通す。

チーム3点目をアシストした久保は4ゴール目をゲット。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグインターナショナルユースカップは12月25日、3位決定戦のサンフレッチェ広島ユース対FC東京U-18を行ない、FC東京の久保建英が4戦連発の大会6ゴール目を決めた。

 試合は開始6分に、FC東京が小林幹のPKで先制するも、広島は22分にCKから明比友宏のヘディングシュートが決まり同点に追いつく。

 しかし、FC東京は30分、左サイドからのクロスボールはGKにクリアされたものの、こぼれ球に反応した小林幹がダイレクトシュートで押し込み、勝ち越しに成功。1点をリードした。

 すると、勝ち越し点の直後、久保が輝きを放つ。敵陣中央でボールを受けた久保はタイミングを計りながら、縦に走り込んだ小林真鷹に絶妙なスルーパスを通す。これを小林真がGKの股を通すシュートでゴールに流し込んだ。FC東京が3-1とリードして前半を折り返す。

 そして、後半に入り8分、今度は久保自らが得点をゲット。左サイドでボールを受けた小林真からのパスを受けた久保が、左サイドの角度のない位置から左足を振り抜くくと、強烈なシュートがサイドネットに突き刺さった。4-1でFC東京がリードを広げた。

 久保は大会を通じて全4試合で6ゴールをゲット。U-17年代の今大会で、まざまざとその実力を見せつけている。
【関連記事】
久保建英が3戦連発! 1得点・1アシストで巨漢揃いの豪州クラブ相手に大勝を導く活躍
久保建英がブラジルの強豪相手に2ゴール。チームはパワーに押し込まれ5失点で敗れる
【天皇杯】ベスト4が決定! クラブW杯で躍進の鹿島は前回王者を破った横浜と激突
【広島】佐藤寿人の男泣きに隠された想い。「立ち止まった瞬間、その先はないから……」
【鹿島】鈴木満強化部長が柴崎の去就について言及。「覚悟はしている」
現役ラストゲームで出番のなかった森﨑浩司が自分に課す次なるミッションは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ