マドリー来日記念4コマ漫画 最終回「S・ラモスが退場にならなかった本当の理由」

カテゴリ:国際大会

JERRY

2016年12月19日

主審はハーフタイムにマドリーのロッカールームを見て…。

 人気イラストレーターのJERRYが、クラブワールドカップで来日したレアル・マドリーを現実と妄想を組み合わせたファニーな4コマ漫画で切り取る短期集中連載「レアルのリアル」。
 
 最終回のテーマは、鹿島アントラーズと激突した12月18日の決勝における「疑惑の判定」だ。
 
 54分に警告を受けていたセルヒオ・ラモスが89分、カウンターを潰そうと金崎夢生を倒して笛が鳴る。そして、ザンビア人のジャニー・シカズウェ主審は、胸ポケットに手を掛ける。誰もが「退場だ!」と思った。
 
 しかし、なんとシカズウェ主審はカードを出さず、S・ラモスに対するお咎めはなし。この時点で2-2だっただけに、マドリーが一人少なくなっていれば4-2という試合結果が大きく変わっていた可能性は高い。
 
 日本はもちろん世界中から疑惑の目が向けられたこの「退場ドタキャン」、その伏線はハーフタイムにシカズウェ主審が目撃したマドリーのロッカールームにおける“惨劇”にあったとか、なかったとか――。
 
【クラブW杯決勝PHOTO】鹿島が大健闘も、マドリーが延長戦を制して世界一に!

【PHOTO】クラブW杯を彩る美女サポーターたち♥
【関連記事】
マドリー来日記念4コマ漫画 Vol.3「自宅のベイルなど多くの仲間がC・ロナウドのFKを…」
クラブW杯決勝後にハメスが移籍志願…「失望した。届いているオファーを検討したい」
決勝ハットトリックのC・ロナウド、クラブW杯でも通算最多得点者に
【セルジオ越後】「レアルに善戦」で満足しちゃいけない。鹿島に与えられた宿題は、来季のACL優勝だ
【クラブW杯決勝|採点&寸評】レアル・マドリー×鹿島|延長戦で違い見せつけたC・ロナウド。2得点の柴崎もアイデア溢れるプレーぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ