【連載】蹴球百景vol.6「地域CLで実現した“重みのあるダービー”」

カテゴリ:連載・コラム

宇都宮徹壱

2016年12月03日

実のところ今一番熱いかもしれない県は…。

JFL昇格を懸けて地域CLで激突した鈴鹿アンリミテッドFCとヴィアティン三重。ライバル対決は予想を覆す結果となった。写真:宇都宮徹壱(Chiba, Japan 2016)

画像を見る

 11月、久々に新著を上梓した。タイトルは『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ』。全国津々浦々のアマチュアサッカークラブ(その後、Jリーグに昇格したクラブを含む)のルポルタージュを15の章にまとめた作品である。この10年ほどライフワークとしてきた、地域リーグやJFLへの取材の(現時点での)集大成。ちなみにタイトルは「おく(東北)」となっているが、遠く四国や九州のクラブも取り上げている。
 
 Jリーグ、JFL、地域リーグに天皇杯。さまざまなカテゴリーや大会を追いかけているうちに、気がつけば47都道府県のほとんどを訪ね歩いてきた。未踏県は、わずかにふたつ。福井県と三重県である。このうち福井は、来年は全社(全国社会人サッカー選手権大会)が開催されるので、その機会に塗りつぶす予定。もうひとつの三重についても、最近Jを目指すクラブが3つも存在する三国志状態となっていたので、「いずれ取材しよう」と思っていた。
 
 ところが、今年の地域CL(全国地域サッカーチャンピオンズリーグ。地域決勝から今年改称)で、三重の2クラブがJFL昇格を懸けて激突することとなった。鈴鹿アンリミテッドFCとヴィアティン三重だ。鈴鹿は「FCランポーレ鈴鹿」と名乗っていた時代から東海リーグ1部に7シーズン過ごしていたのに対し、三重は今季、2部から昇格したばかり。全国への挑戦は、鈴鹿が3回目で三重は今回が初めてだった。
 
 千葉県市原市で開催された、地域CLの決勝ラウンドに進出した4チームのうち、JFLに昇格できるのは上位2チームのみ。しかも、3日間連続で行なわれる極めて過酷なリーグ戦である。すでに2日目でFC今治が2位以内を確定させており、残る1枠を勝点3で並んだ鈴鹿と三重が争うことになった。こうなると、もはや単なる同県対決ではない。勝者にはJFL昇格への道が拓かれ、敗者は来季も東海リーグ。これほどまでに「重みがあるダービー」は、世界的に見ても極めて稀であろう。
 
 もともと鈴鹿と三重との間には歴とした差があった。鈴鹿のルーツは名張市にあり、前身となるクラブは1980年に設立されている。それに対して三重は、2012年にトップチームが立ち上がり、三重県リーグ3部から上を目指してきた(当時の名称はヴィアティン桑名)。その後、三重は1年ごとにカテゴリーを駆け上がり、今季ついに先達と同じステージに到達したわけだが、戦績は実に一方的。リーグ戦や天皇杯予選などで今季は5回対戦して、1分4敗と三重は大きく負け越していた。
 
 三重の海津英志監督は「鈴鹿さんは今でも仰ぎ見るような存在」と語り、鈴鹿の小澤宏一監督は「ここで三重に負けてしまえばすべてが帳消しになる」と気を引き締めていた。結果は、大方の予想を覆して三重が4-1で勝利。勝者と敗者のコントラストは例年以上に苛烈なものであった。
 
 かくして来季、三重はいち早くJFLに抜け出し、鈴鹿は同県のFC伊勢志摩と東海リーグを戦うこととなった。三重県を本拠とする全国リーグ所属のクラブは、コスモ四日市FC以来21年ぶり。そんな三重に続こうと、新たなダービーの行方も気になるところだ。日本のサッカー地政学という点では、実のところ、今は三重が一番熱いのかもしれない。来年はぜひ、かの地の現場を訪ねてみることにしたい。
 
宇都宮徹壱/うつのみや・てついち 1966年、東京都生まれ。97年より国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。このほど『サッカーおくのほそ道』(カンゼン)を上梓。自称、マスコット評論家。公式ウェブマガジン『宇都宮徹壱ウェブマガジン』。http://www.targma.jp/tetsumaga/
 

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

画像を見る

11月24日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストでJ2王者の札幌を取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【連載】蹴球百景vol.5「太極戦士への冷めた眼差し」
【連載】蹴球百景vol.4「三菱水島FCが起こした“6人の奇跡”」
【連載】蹴球百景vol.3「日豪戦は引き分けたけれど――。オーストラリアサッカーに感じたある変化」
【連載】蹴球百景vol.2「わが愛しのスタジアム『ムサ陸』」
【連載】蹴球百景vol.1「『ほほ笑みの国』のフットボールカルチャー」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ