カンボジアに夢を。本田圭佑プロデュースのサッカースクールが海外で2か国目の開校!

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月18日

「カンボジアの子どもたちの未来のために」

自身がプロデュースするサッカースクールを海外に展開させる本田。子どもたちに夢を与える活動を続けている。(C)HONDA ESTILO

画像を見る

カンボジアでのサッカースクールの様子。海外で2か国目の開校が実現した。(C)HONDA ESTILO

画像を見る

 本田圭佑のマネジメント事務所HONDA ESTILO株式会社(大阪府吹田市)は11月18日、同社が運営する『SOLTILO FAMILIA SOCCER SCHOOL in Cambodia(以下、ソルティーロ・カンボジア校)』が、東南アジア初及び海外で2か国目として開校したことを発表した。
 
 11月15日にRooy7 Sports Club(ロイセブンスポーツクラブ)で1校目が開校し、同17日には3G Mini Football Pitch(スリージーミニフットボールピッチ)で2校目が開校した。
 
 今回の開校に際して本田は「サッカースクールは教育の一環であり、カンボジアのあらゆる関係者と話した時、多くのカンボジアの子どもたちがサッカーを通じて夢や希望を抱こうとしている現状に気づかされました。現地の方々の熱い想いがきっかけで開校につながり、カンボジアの子どもたちの未来のためにやれることをやっていきます」と熱い想いを語った。
 
 ソルティーロ・カンボジア校では、『カンボジアの子どもたちに夢を持ってほしい』という想いを込めて開校。カンボジア人のコーチと一緒に本格的な練習メニューを提供し、楽しさも感じることができるソルティーロ独自の練習をカンボジアの子どもたちに伝えている。
 
 また、ソルティーロは、オーストリア2部リーグのSVホルンにつながる位置づけのもと、日本全国に64校を展開。今回、カンボジアにスクールを開校することで日本の子どもたちと同様にカンボジアの子どもたちに対しても、国内に留まらず海外のプロクラブを目指せる機会を提供するという。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ