【藤田俊哉の目】本来なら起用すべきではなかった本田&香川。それでも大一番で先発した意味とは

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月12日

ハリルホジッチが見せた強烈なリアリストの一面。

原口の3戦連発を引き出す見事なアシストを決めた本田だが、本来のコンディションからは程遠い出来。所属のミランで調子を上げたい。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、第4戦のオーストラリア戦は1対1のドローに終わった。いろんな批判があるけれど、アウェーの地でしかもグループ最強のライバルと目されていたオーストラリアと戦って、勝点1を取れたのだから、最低限のノルマはクリアしたと見ていいんじゃないかな。
 
 もちろん理想を言えば、日本にはつねにアジア王者らしい戦いを見せてほしいという考えもある。オーストラリア相手とはいえ、もっと攻撃的に戦ってほしかったし、ボール支配率33パーセントという数字も決して満足できるものではない。
 
 ただ、現実的に考えれば、ハリルホジッチ監督が選択した守備的な戦い方には納得がいく。首位のオーストラリアに対して、怪我人が多くコンディション的に問題を抱えていたチーム事情を踏まえれば、真っ向勝負を挑むのはなかなかのリスクが伴う選択だったはずだ。
 
 そのオーストラリア戦で、日本はじつにアウェーらしい慎重な試合運びを見せていた。チャンスらしいチャンスも少なかったけれど、ピンチらしいピンチもなかったのは、裏返せば、慎重な試合運びを見せていた証拠である。守備的な布陣を敷いたうえ、最後の交代カードも、オーストラリアの強みであるセットプレーの得点力を封じ込むために、高さのあるセンターバックの丸山をピッチに送り込む徹底ぶりだった。ハリルホジッチ監督の強烈なリアリストの一面を垣間見た気がする。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ