薄氷の勝点3に原口元気は危機感。殊勲の先制弾を挙げるも、「内容はどうかと思う」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月06日

「勝点3を取れたことだけが今日の収穫」

「自分の良さが出た」という先制弾。危機感の募る内容ではあったが、「ああいう形がもっと出せれば次もゴールにつながる」と手応えも口にした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
「きつかった。とりあえず、勝ててホッとしている」
 
 原口元気は正直な感想を口にした。勝利のみが求められたホームでの1戦で、先制点を挙げた殊勲者は勝点3を獲得した事実に胸を撫で下ろした。
 
 25分、清武のクロスに走り込んでヒールで合わせると、ボールはゴールへと吸い込まれていった。「自分の良さが出た。ああいう形をもっと出せれば、(次戦の)オーストラリア戦でもゴールにつながるはず」。
 
 最後まで精力的にサイドを上下動した背番号8は、イラク守備陣に脅威を与え続けた。だが、試合内容には納得していない。
 
「内容は本当にどうかと思う。勝点3を取れたことだけが今日の収穫。今日のような試合をすると危機感しか残らない」
 
 確かに、勝ったとはいえ、お世辞にも褒められた内容ではなかったかもしれない。だからこそ原口は、2試合連続弾を記録したものの、満足することなく高いレベルを求め続けるのだ。
 
「もっと……もっとやらないといけないと思っている」
 
 自分に言い聞かせるように、少しの不満を含ませた男は、次のオーストラリア戦も「勝ちます」と宣言してピッチを後にした。

【日本 2 - 1 イラク|PHOTOギャラリー】劇的な一戦を写真で振り返る!

9月21日発売号のサッカーダイジェストの特集は「日本はワールドカップに辿り着けるのか」。ハリルジャパンの危機説を、「本当に日本は弱くなかったのか?」など“10の論点”から検証します。ルーツ探訪では小林祐希選手が登場。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ