ハリル監督、劇的勝利に感極まりインタビューを遅らせる

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月06日

「ドラマティックな試合だった」

劇的な勝利に試合後、ハリルホジッチ監督は気持ちを落ち着かせてからインタビューに臨んだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本2-1イラク/10月6日/埼玉

 タイムアップとともに、埼玉スタジアムが熱狂のるつぼと化した。後半アディショナルタイムに飛び出した山口蛍の劇的な決勝弾で勝利を収めた日本代表。通例、試合後のテレビインタビューはハリルホジッチ監督が先になるが、劇的勝利に気持ちが昂り、試合後すぐには応じられず、選手たちが最初にインタビューを受ける異例の展開となった。

 選手のインタビューが終わった後、しばらく気持ちを落ち着かせてインタビューに臨んだハリルホジッチ監督は、やや目を赤く潤ませていた。

 「ドラマティックな試合でしたけど、あきらめずに戦った選手を褒めたい。最後まで応援してくれたサポーター、国民に感謝したい」

 前回のホームUAE戦に敗れ、アウェーのタイ戦も多くの決定機を作りながら、2ゴールに終わった。周囲から不安の声も上がっていたが、「勝ったということが大事。これを続けていきたい」と、終了間際の劇的な勝利に前を向いた。

【日本 2 - 1 イラク|PHOTOギャラリー】劇的な一戦を写真で振り返る!
 

9月21日発売号のサッカーダイジェストの特集は「日本はワールドカップに辿り着けるのか」。ハリルジャパンの危機説を、「本当に日本は弱くなかったのか?」など“10の論点”から検証します。ルーツ探訪では小林祐希選手が登場。

画像を見る

【関連記事】
【日本 2-1 イラク|採点&寸評】期待に応えた清武と劇的決勝弾の山口が高評価! 一方で本田や岡崎らは低調…
【速報】日本 2-1 イラク|最後の最後で山口が決勝点!90+5分に渾身ミドルを叩き込む
渾身ボレーで決勝弾の山口蛍 「なにか仕事しなくちゃいけないと…」
薄氷の勝点3に原口元気は危機感。殊勲の先制弾を挙げるも、「内容はどうかと思う」
順調そうに見える原口元気が抱えるジレンマ。「ストライカーの役割を諦めたわけじゃない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ