群馬、山口、北九州が新たにJ1ライセンスを取得。プレーオフ圏内へ勝点6差に迫る町田は昇格不可能に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年09月28日

J3の鹿児島は、ライセンス制度開始以来、初めての「不交付判定」。

現在、プレーオフ圏内の6位まで勝点6差に迫る町田。しかし、J1ライセンスは交付されず、来季の昇格は不可能となった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 Jリーグは9月28日、来季のJ1、J2クラブライセンスの審査結果を発表した。
 
 Jリーグの発表によると、ライセンス申請を行なったのは46クラブ。リーグとは独立した第三者機関による判定の結果、J1ライセンス=40クラブ、J2ライセンス=5クラブ、不交付=1クラブという内訳となった。
 
 J1ライセンスを交付された40クラブで、前年度から新たに「合格判定」を受けたのは群馬、山口、北九州の3クラブ。それぞれ、トレーニング施設やスタジアムの改修によりJ1基準を充足したため、ライセンス取得に漕ぎ着けた。
 
 一方、水戸、町田、長野、鳥取、讃岐の5クラブは、スタジアムやトレーニング施設がJ2基準のためJ1ライセンスは交付されていない。そのため、水戸、町田、讃岐の来季J1昇格は事実上不可能となった。
 
 J1、J2ライセンスとも不交付判定となったのは鹿児島のみ。20年の国体へ改修工事に入る本拠地の鴨池陸上競技場が、来季は入場可能人数が約5300人に制限されるため、ライセンス交付規則の定めるA等級の基準を充足できなかった。今後は、J3クラブライセンス審査へと引き継がれる。
 
 なお、J1、J2ライセンスの審査における不交付判定は、この制度を開始して以来、初めての事例になるという。
 
 

9月21日発売号のサッカーダイジェストの特集は「日本はワールドカップに辿り着けるのか」。ハリルジャパンの危機説を、「本当に日本は弱くなかったのか?」など“10の論点”から検証します。ルーツ探訪では小林祐希選手が登場。

画像を見る

9月21日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストで清水エスパルスを取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ