【川崎】10人でも主導権を握れた事実。最後の最後に沈んだ試合をどう受け止めるか

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年09月18日

「荒れる必要はなかった。いつものことだから」(中村憲剛)

勝たなければいけなかった試合で逆転負け。10人で戦えた手応えを感じつつ、中村は周囲に奮起を促す。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第2ステージ12節]大宮 3-2 川崎/9月17日/熊谷陸
 
「自らでスタートからゲームを壊してしまった」(風間八宏監督)
 
 勝てばチャンピオンシップ出場が決まる試合で、2-3と敗戦。第2ステージ首位の座を譲り渡すとともに、年間勝点でも2位の浦和に2差まで詰められてしまった。
 
 たった36分しかピッチにいられなかった大久保嘉人の退場を受け、数的不利を強いられながらの逆転劇を演じてから、さらなるどんでん返し。ラスト6分で景色は暗転した。
 
「荒れる必要はなかった。ちょっとアフター気味に相手はきていたけど、それはそれ。いつものことだから。今日に限って(大久保)嘉人が乗っちゃったのが、不思議でしょうがない」(中村憲剛)
 
 エースが去ったことで試合運びは難しくなった。63分に絶妙なポジショニングとトラップから技ありの同点弾を沈めたチームの象徴、中村はさらに言葉を紡ぐ。
 
「非常に後味の悪い試合になったけど、負けたのは事実。その理由も自分たちにある。もったいない」
 
 審判が十分にゲームコントロールをできなかった展開のなかで、それでもJ1“最強の矛”はひるむことなく大宮を相手陣に押し込み続けた。それは10人になっても変わらない。

 44分にPKによる先制点こそ献上したものの、自分たちを信じて、攻撃を続けた。81分には小林悠が、ついに試合をひっくり返すゴールを決めている。
 
 しかし、最後は「力尽きてしまった」(風間監督)。大島も「どう戦うかを間違えたかな、というのはある。エネルギーをすごく使っていた」と最終盤の難しさを口にする。
 
「勝ちゲームだった」(谷口)かもしない。ただ、どれだけ悔やんでも、この敗戦を取り戻すことはできない。変えられるのは過去ではなく、常に未来だ。
 
「悔しい試合だったと思うだけで先に進むのか。それとも10人でも戦えた、それなら11人ならもっとやれると考えるのか。自分たちがやるか、やらないかというだけ」
 
 中村は奮起を促す。常に主導権を握って戦えたことを誇れと語りかける。そんな背番号14の言葉は重く、力強い。あとは、どれだけの選手が共鳴するか――。次節・横浜戦がリーグタイトルへの分水嶺となるかもしれない。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

9月8日発売号のサッカーダイジェストは「2020年東京五輪の旗手たち」。FC東京U-18で活躍する久保建英をはじめ、東京五輪で主役になりそうな選手たちを一挙紹介しています。

画像を見る

9月8日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストで湘南ベルマーレを取り上げています。

画像を見る

【関連記事】
【J1採点&寸評】大宮×川崎|逆転に次ぐ逆転。荒れた試合で大宮が首位を撃破!
大久保退場の川崎が黒星。中村、小林の渾身ゴールは実らず…
【川崎】「このままチャンピオンシップに出ても厳しい」。大久保が不安視するチームの現状とは?
才能の片鱗を見せるも凸凹ピッチに苦戦。久保の2ゴールはU-16日本の総合力を証明するもの
久保が大量7発の口火を切る鮮烈FK弾! U-16日本、大勝で好発進!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ