小倉監督を事実上解任した名古屋。ここ5年間、8月以降の監督交代で残留に成功した事例は…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月24日

2010年の初優勝を支えたジュロヴスキーコーチが監督に昇格。

クラブから休養との発表があった小倉GM兼監督。コメントに無念の思いを滲ませた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 名古屋グランパスは8月23日、小倉隆史GM兼監督の休養を決定したと発表。事実上、同監督を解任し、後任にはボスコ・ジュロヴスキーアシスタントコーチが就任することを発表した。
 
 小倉前監督はクラブ公式HPを通じて、「愛するクラブをなんとかしたいという思いで、全力で取り組んできました。(中略)自分の力不足により、このような状況を招いてしまったことは本当に申し訳なく思っています」とコメント。無念の思いを滲ませた。
 
 新監督に就任したジュロヴスキーアシスタントコーチは、かつてストイコビッチ監督のもとでアシスタントコーチとして活躍。2010年に名古屋が初優勝を果たした時の土台を作った男としても知られている。上向く気配を見せないチームの現状を改善するうえでも、適任と判断したクラブが今回の人事に踏み切った。
 
 残り8試合。この監督交代劇が、年間順位で16位(26試合終了時)と降格圏に沈む名古屋にとって吉と出るのか?
 
 過去5年間、今回の名古屋と同じように、残留を争う状況で8月以降に監督交代に踏み切った事例は6例ある。その時の結果は次ページのとおりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ