浅野拓磨に宿る紫の誇り――。ラストゲームの悔しさは世界で晴らせ!

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年07月18日

「どこか“僕らしい”というか、サッカーの神様がもっともっと頑張れと言ってくれている気がする」

広島でのラストゲームは、相手の厳しいマークの前に沈黙。57分にカウンターで横浜ゴールに迫るも、シュートはGK正面とチャンスを逃した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「紫の誇りを胸に、世界で暴れてこい」と書かれた横断幕が掲げられ、ファン・サポーターが集うバックスタンド前で記念撮影。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1・第2ステージ4節] 広島2−2横浜 7月17日/Eスタ
 
 クラブ所属歴4年、通算58試合・12得点――。浅野拓磨が残した数字は、24年に渡るサンフレッチェ広島の歴史において、決して突出したものではない。しかし――。移籍する選手に対する壮行セレモニーはクラブ史上初。そして、エディオンスタジアム広島に響き渡ったチャントや声援は、この若者がファン・サポーターにどれだけ愛され、大きな存在だったかを如実に物語っていた。

【浅野拓磨 国内ラストマッチPHOTOギャラリー】

 広島でのラストゲームは、中澤佑二とファビオの強力CBを中心とした横浜の堅守に撥ね返され、思うようにゴールにアタックできず。柏好文からパスを受けてギアを上げ、ペナルティエリアに侵入して左足を一閃した57分の場面も、シュートは力なくGK正面に飛んでしまった。逆転勝利に一縷の望みをつないだラストプレーも、トラップミスで無念のタイムアップ。ゴール&勝利で晴れ晴れとアーセナルに旅立つという「ハッピーエンド」は訪れなかった。
 
「決して良い終わり方だったとは思いませんし、悔しいまま広島を去らないといけない。でも、どこか“僕らしい”というか、サッカーの神様がもっともっと頑張れと言ってくれている気がします」
 
 これまで自分を支えてくれたファン・サポーターに少しでも恩返しがしたい――。彼らを笑顔にすべく勝利を追い求めただけに、浅野は引き分けという結果に悔しさを隠さなかった。しかし、旅立ちの日に直面した試練は、決意を固くするきっかけになったようだ。
 
「自分が苦しい時、悔しい時、嬉しい時、楽しい時、いつでもそばにいてくれたのが広島のファン・サポーターの方々。特に自分が苦しいなと思っている時にこそ、奮い立たせる言葉をかけてくれた。皆さんに恩返しをしないといけないと思っていましたけど、なかなかプレーで表わすことができず、サッカーは簡単じゃないと改めて感じました。だからこそ、何か強い気持ちが自分の中で生まれたというか、頑張らないといけないなと」
【関連記事】
【広島】浅野の後釜はかつてのシンデレラボーイ!? 皆川佑介の悲壮なる決意
【横浜】喜田拓也がアーセナルに旅立つ盟友・浅野に送った手荒い“激励”
【J1採点&寸評】広島×横浜|浅野のラストゲームは壮絶ドロー。“ジャガー”は不発も、ラスト10分間にドラマが生まれる
【広島】ディフェンスリーダー千葉が感じたリーグ連覇への“現在地”
【広島】ピッチ上の指揮官“ドクトル・カズ”が語る3-5-2システムの可能性

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ