【J1ベストイレブン】優勝に王手をかけた鹿島から最多4名。MVPは2ゴールを決めた広島のCB|1st・16節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月20日

鹿島から最多4人を選出。とりわけ活躍が目立ったのは、同点弾の土居だ。

【1stステージ16節のベストイレブン】今節は好パフォーマンスを披露した前線の選手が多かったため、サイド適正の高い金森と遠藤を両翼に配した3-4-2-1とした。

画像を見る

 J1リーグは6月18日に第1ステージ16節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。

【選出理由】
 神戸に逆転勝利し、首位に浮上した鹿島から最多の4名を選出した。とりわけ、活躍が目立ったのは土居だ。1点ビハインドの前半終了間際に、金崎とのワンツーから値千金の同点弾。このゴールが呼び水となり、鹿島がステージ制覇に王手をかける勝点3を手にした。
 
 しかし、この鹿島の背番号8以上に好パフォーマンスを披露したのが、浦和戦で2ゴールを決めた広島の塩谷だ。CKに合わせて豪快な右足ボレーを叩き込み、さらにGK西川のフィードをインターセプトして持ち上がり、柴崎のシュートのこぼれ球を叩き込んだ。FW顔負けの得点感覚を披露した2ゴールで逆転勝利に導いたCBの活躍は、今節のMVPにふさわしいものだった。

 また、首位・川崎相手に2ゴールを奪った金森の活躍にも触れるべきだろう。立ち上がりの9分、15分と立て続けに挙げた2得点はいずれも簡単なゴールではなく、特に2点目のトラップ→左足シュートの流れは美しかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ