香川真司の良き相棒またはライバルに? ドルトムント移籍の18歳エムレ・モルがEUROで垣間見せたポテンシャル

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年06月16日

縦の鋭さが足りなかったトルコの攻撃をスピードアップさせた。

積極的にボールを引き出し、トルコの攻撃に変化を付けたエムレ・モル。ポテンシャルの高さ見せた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 少年のような顔立ちの小柄な背番号21が、タッチライン際に立つ。69分、ジェンク・トスンに代わってピッチに送り出されると、トルコ・サポーターはこれまで以上の野太い声でエールを送った。
 
 トルコにとってEURO2016の初陣だった6月12日のクロアチア戦で、メジャー大会デビューを飾ったのが、18歳の神童エムレ・モルだ。
 
 今年に入ってU-21代表に飛び級で入ったが、A代表のEURO2016予選は出場はおろか招集すらなし。しかし、15-16シーズンに生まれ育ったデンマークのノアシェランで一気に台頭し、本大会に向けた登録メンバーに大抜擢されると、5月29日のモンテネグロ戦で初キャップを刻む。6月7日には今夏のドルトムント移籍が決定した。
 
 投入時はトルコが1点のビハインドを負っており、担ったのは「攻撃の切り札」という役割で、触れ込みは「トルコのメッシ」だ。
 
 さて、どんなものかと注視していると、いきなり相手の最大のスター、ルカ・モドリッチに蹴りを食らわせる。パーソナリティーは強そうだ。
 
 ポジションは4-2-3-1のトップ下。168cm・60kgの軽量級、正確なテクニック、ほぼ左足一本のプレースタイル、重心の低さ、一気に加速するドリブル――。なるほど、たしかにメッシとの類似点は多い。
 
 Aマッチ3試合目の18歳ながら積極的にボールを要求し、80分には右サイドに流れて華麗なヒールパス、90分には切れ味鋭いドリブルからシュートを放った。
 
 初の大舞台でさすがに緊張はあったかミスも少なくなく、結果的にゴールやアシストは記録できなかったとはいえ、アジリティ―とテクニックで縦の鋭さが足りなかったトルコの攻撃をスピードアップさせ、変化を付けていた。
 
 若手の目利きに定評のあるドルトムントが目を付けただけあって、ポテンシャルは間違いなく高い。新シーズンのドルトムントはヘンリク・ムヒタリアンの売却を余儀なくされそうで、エムレ・モルはその後釜として位置づけになりそうだ。
 
 4-3-3なら右サイドアタッカー、4-2-3-1なら右サイドかトップ下が主戦場になる可能性が高く、日本代表の香川真司の良きパートナーまたはライバルになるかもしれない。
 
 初戦のパフォーマンスを考えれば再び出番がやってきそうで、6月17日のスペイン戦、6月21日のチェコ戦でも注目したい逸材だ。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)
 
【関連記事】
【EURO展望】イングランド×ウェールズ|注目の「英国ダービー」 ベイル対策が焦点だ
【EURO展望】ドイツ×ポーランド|サイドの攻防戦を制すのは?
【EURO展望】ウクライナ×北アイルランド|勝敗を左右するのは“二本の矢”
フランス、終了間際の2発で決勝トーナメント進出一番乗り!
ドイツ代表指揮官の「鼻ほじり」に続く驚きの行動をTVカメラがキャッチ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ