【J1】5月の月間ベストゴールは名古屋の田口。ロベカルを彷彿とさせる豪快ミドルに決定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年06月14日

ワールドクラスと呼ぶに相応しいドライブ気味のシュート

5月21日の鹿島戦で素晴らしいミドルを決めた田口。あの場面では「迷わずシュートした」。(C)J LEAGUE PHOTO

画像を見る

 Jリーグは6月14日、5月度の月間ベストゴールを発表。第1ステージ13節の名古屋対鹿島戦で46分に田口泰士(名古屋)が決めたゴールが選ばれた。まさに目の覚めるのようなミドルだったが、Jリーグ選考委員会の総評は以下のとおりだった。

第1ステージ13節 5/21(土)
名古屋対鹿島 46分のミドルシュートからのゴール

<Jリーグ選考委員会による総評>
ダイレクトに決めた縦回転シュート
左からのパスを、右足でボールを止めることなくダイレクトで、ドライブぎみの縦回転をかけた約25mのミドルシュート。ゴール枠外からゴール左上隅に決まる軌道を描き、鹿島のGK曽ヶ端選手も動けないほど美しいスーパーゴールであった。


●Jリーグで観たい、距離のあるミドルシュート
元ブラジル代表のロベルト・カルロス選手を彷彿とさせるようなワールドクラスのシュート。海外リーグでは、このような距離のあるゴールがよくみられるが、世界と伍していくために、Jリーグでもこのような距離のあるミドルシュートをより多く観たい。プロの技術とパワーが詰まったインパクトのあるゴールであった。

 また、初受賞した田口本人は次のようにコメントしている。

<本人コメント>
「僕のゴールがまさか月間ベストゴールに選出されるとは思っていませんでしたし、個人的にも初めての受賞なので、本当に嬉しく思います。あのシーンは永井選手のパスがこれ以上なかったので、迷わずにシュートしました。ボールがゴールに吸い込まれていくような軌道をうまく描いてくれたので、良かったと思います。これからもゴールまでの距離に関係なく積極的にシュートを狙っていきたいです。

 今シーズンのリーグ戦も折り返しが近づいていますが、今後はゴールを奪うだけでなく、しっかりとチームの勝利に貢献し、ファン・サポーターの皆様からの信頼を築けるよう一試合一試合を全力で取り組んでいきたいと思います。これからもご声援宜しくお願いします」


 

6月9日発売号のサッカーダイジェストは、「ヤングガンズ100」を特集。リオ五輪、ワールドカップアジア予選に向けて注目すべきヤングプレーヤーは? 92~99年生まれの選手を対象に100人ピックアップしました。インタビューでは、柏の伊東選手、浦和の関根選手が登場。またU-23日本代表企画では登録メンバー18人を大予想し、オーバーエイジ選考の近況に迫ります。クラブダイジェストでは、J3で好調の相模原を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ