• トップ
  • ニュース一覧
  • 「右か?」「足、震えてるよ」のヤジにも心乱されず。鈴木優磨が絶対の自信でPKを突き刺す!

「右か?」「足、震えてるよ」のヤジにも心乱されず。鈴木優磨が絶対の自信でPKを突き刺す!

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2016年06月12日

「100パーセント、決める自信があった」。

ひとつ前のプレーでは決定機を外していた鈴木だが、「自分が取ったPK」では見事にGKの逆をついてネットを揺らし、勝負を決定づけた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ボールを携えてPKを蹴る準備をしていると、浦和の選手からヤジが飛ぶ。
 
「右だろ、右か? 右だな」
「大丈夫? 足、震えてるよ」
 
 しかし、鈴木優磨はまったく動じない。そもそも、右か左に蹴るか、本人も分からないのだから、心が乱されようがない。
 
 本当は、PKのキッカーは自分ではなかった。でも、「自分が取ったPK。なにより、100パーセント、決める自信があった。その自信があるのに、譲るのはおかしいと思ったので、自分が蹴りたいと言いました」。
 
 PKには絶対の自信があった。助走で一回、止まる。そうすると、GKは必ずどっちかに動くもの。GKの足しか見ていない。それで、GKが動いたのと逆のほうに蹴り込む。
 
 だから、右か左かどっちに蹴るか分からなかったし、雑音も気にならなかった。
 
「あれだけ言われて、きれいに決められたから、気持ち良かった」
 
 技術の高さと、ハートの強さ。途中出場の若きアタッカーが勝負を決定づける大仕事をやってのけた。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】浦和×鹿島|対照的な攻撃陣の差。別格の存在感を示した金崎がMOM。浦和自力V消滅
【J1順位表】川崎、鹿島が頭ひとつ抜け出す展開。浦和はふたつの未消化試合を残し3位
柴崎の絶妙クロスから金崎が決勝弾! 鹿島が浦和を下し首位・川崎を勝点1差で追走!
【鹿島】エース金崎に「ゴール」という挑戦状を叩きつけた19歳。2年目の鈴木優磨は開幕スタメンを勝ち取れるか
【鹿島】覚醒の予感漂う”G大阪キラー”。鈴木優磨は、強いハートで「チームを勝たせる」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ