大久保の今季10点目で勝負あり! 川崎が横浜との神奈川ダービー制し首位キープ!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年06月11日

小林が獲得したPKを大久保が決める。

大久保は78分にJ1通算166点目となるPK弾を沈めた。川崎が横浜との神奈川ダービーを制した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは6月11日、第1ステージ15節の9試合を開催。日産スタジアムで行なわれた横浜対川崎の神奈川ダービーは、2-0でアウェーの川崎に軍配が上がった。

 立ち上がりからポゼッションで優位に立った川崎。徐々にゴールへの圧力を強めると27分、右サイドの車屋の仕掛けでチャンスを広げ、最後は相手のミスを見逃さなかったエドゥアルド・ネットが左足のインサイドで狙い澄ましたシュートを突き刺した。

 前半を1-0で折り返した川崎は、後半も中村、大島を軸に試合をコントロールし、終盤の78分には小林がペナルティエリア内で倒されPKをゲット。これを大久保が難なく沈め、川崎が2-0とする。大久保はJ1通算166点目。今季10ゴールとして、4年連続の二桁に乗せた。

 川崎は最後まで危なげない試合運びで2-0で勝利。2連勝を飾り、7戦負けなしとして首位の座をキープした。
【関連記事】
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村憲剛に聞いてみた
【川崎】好機を外し続けた大久保。「入らん日もある…でも良かった、勝って」と安堵
【日本代表】ハリルが“大久保復帰”を仄めかす。大島の初招集はその布石か?
【J1決定率ランキング|選手編】大久保やP・ウタカを凌駕する「42.9%」。新天地で苦しむブラジル人が「決定力王」に
ドイツ移籍秒読みの宇佐美が、嬉しい吹田スタジアム初得点!無人のゴールに鮮やかなループシュート
「10年に1回のシュートが2回入った」と曹監督が絶賛。途中出場の湘南・下田が会心2ゴール

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ