本田でも香川でもない? ハリルジャパン最大のキーマンが清武になる可能性も…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年06月04日

清武がボスニア・ヘルツェゴビナ戦でもハイパフォーマンスを披露すれば。

ハリルホジッチ監督のアドバイスもあってか、清武はブルガリア戦で躍動。チャンスメイクが冴えていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンカップ]日本代表7-2ブルガリア代表
6月3日/豊田スタジアム
 
 左サイドで先発起用された清武がテンポよく攻撃を展開できた背景には、ハリルホジッチ監督のアドバイスがあった。
 
「キヨ(清武)とは左サイドの動きについてディスカッションしました。彼はテクニックがある選手です。そして、パスのクオリティも良い。ただ、時々やりすぎるところがありました。なので、彼には『もっとシンプルにやってくれ』と指示しました」(ハリルホジッチ監督)
 
 清武のシンプルかつスピーディなボール回しは、間違いなくチームの攻撃を活性化させていた。香川がエリア内にタイミング良く入ってシュートに行くシーンが見られたのも、そうした清武の振る舞いと無関係ではないだろう。
 
 香川との相性の良さを見せつけた清武が、6月7日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でもスタメンに名を連ねる可能性は高い。ブルガリア戦に続いて彼がハイパフォーマンスを披露すれば……。ハリルホジッチ監督は嬉しい悲鳴をあげることになるだろう。ワールドカップ最終予選に向けて最大のキーマンにすべきは、本田か、香川か、それとも清武か。
 
 ひとつ確かなのは──。「自分が引っ張っていかないといけない立ち位置」と自ら鼓舞していた清武にとっては、9月から始まるワールドカップ最終予選は〝勝負の舞台″になる。
 
【関連記事】
清武の獲得は、敏腕SD“モンチ”の肝煎り。地元セビリアから懐疑的な声は一切聞こえてこない
セビージャで成功するためには? 清武に捧げる〝あのアタッカーの金言″
「考えなくても、絶対に1枚目は抜けるんで」。過去のコメントから紐解く清武の凄さ
「アピール」と言っている場合ではない。清武が到達した次のステージ
号泣の浅野よ、なぜ“あそこ”で打たなかった。「パスを選択して後悔。消極的な部分が出た」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ