【今日の誕生日】5月25日/カルチョの歴史的リベロ、そして悲劇のレジェンド――シレア(元イタリア代表)

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年05月25日

36歳で幕を閉じた栄光の人生…だが人々の記憶に生き続ける。

戦前の優勝候補を次々に破って世界を制した82年。鮮やかなカウンターを成立させたのは、ゴール前に鍵をかけたシレアらDF陣でもあった。 (C) Getty Images

画像を見る

ユーベでもリーダーとしてチームを牽引。85年5月、39人が犠牲となった「ヘイゼルの悲劇」の際には、リバプールのキャプテン、フィル・ニールとともに荒れ狂うサポーターたちに落ち着くよう訴えかけた。 (C) Getty Images

画像を見る

◇ガエタノ・シレア:1953年5月25日生まれ イタリア・チェルヌスコ・スル・ナビーリオ出身
 
 もし、あの不幸な事故がなければ、今日で63歳。今頃は監督として辣腕を振るっていただろうか。あるいは、ユベントスのフロントの一員か。それとも、イタリア・サッカー連盟の役員か……。しかし1989年9月3日、ガエタノ・シレアはポーランドで帰らぬ人となった。
 
 イタリア・サッカー史に名を残す優れたリベロであり、誰からも頼られるリーダーだった。
 
 74年から14シーズンを過ごしたユベントスでは、7度のリーグ制覇の他、コッパ・イタリア2回、そしてチャンピオンズ・カップ(現リーグ)1回、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)1回、カップウィナーズ・カップ1回と、当時の「欧州3大カップ」を全て制した。
 
 また、欧州王者として85年にインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)に出場。東京・国立競技場でのアルヘンティノスとの一戦、シレア自身は負傷で無念の途中退場となったが、チームはPK戦までもつれ込んだ激戦を制し、初の世界王者となった。
 
 そしてイタリア代表としては、82年スペイン・ワールドカップで通算3度目の優勝を果たした栄光のイレブンのひとりとして、シレアはイタリアの英雄に昇り詰めた。
 
 インテリジェンス溢れるDFであり、テクニックと研ぎ澄まされた感覚で世界中の攻撃プレーヤーを苦しめ、そして相手チームの攻撃を封じた。機を見た攻撃参加は、ユーベ、アズーリのどちらにおいても効果的であり、また時に自ら重要なゴールを奪った。
 
 シチリアにルーツを持つシレアは、72年にアタランタでデビューした頃から才能を発揮。ここで2シーズンを過ごした後、ユベントスに引き抜かれ、すぐにレギュラーに定着して前述の輝かしいタイトルの獲得に大きな貢献を果たした。
 
 ユベントスでは84年から、代表でも85年からキャプテンを務め、最後尾からチームを支え続けた。
 
 ユーベでは歴代2位となる552試合出場(全公式戦)、アズーリでは78試合出場という記録を残して、88年に栄光に満ちたキャリアを全う。翌年、選手としてともに栄光を勝ち取った同志ディノ・ゾフがユーベの監督に就任した際、アシスタントに抜擢された。
 
 対戦相手のスカウティングなども担当したシレアは、89年9月、UEFAカップで対戦するポーランドのクラブを視察。その帰途、彼の乗った車がハイウェイでトラックと衝突し、爆発炎上。わずか36歳で、その人生を終えることとなった。
 
 国中に衝撃を与えたこの悲劇の後、イタリア・サッカー界はシレアの功績を称え、若い世代の大会や賞に彼の名を冠している。自国開催の90年イタリアW杯でも、世界中のメディアの拠点は「ガエタノ・シレア・メディアセンター」と命名された。
 
 ユーベもまた、ホームスタジアムのサポーター席に「クルバ・シレア」と名付け、殿堂入りも果たしたレジェンドを、その記憶に留め続けている。
 
 偉大な守備者の伝統を継承し、後世に引き継いだシレア。彼の後を受けたのは、ミランやアズーリで伝説の存在となったフランコ・バレージだ。シレア同様、優雅さと強さを併せ持ったリベロとして最後尾からチームをコントロールする彼こそ、まさにリーダーの代名詞だった。
 
 その後、リベロという存在はアズーリからは消えたものの、図抜けた対人プレーの強さを備えたファビオ・カンナバーロ、そして守備のセンスに溢れた天才アレッサンドロ・ネスタがアズーリの最後尾を長く支え、2006年には4度目の世界制覇の原動力となった。
 
 そして今夏、アズーリは68年大会以来の欧州制覇を目指して、フランスでのEURO2016に臨む。
 
 主力の怪我などで窮地に立たされているだけに、GKジャンルイジ・ブッフォンはもちろん、最後尾に陣取るであろう、ジョルジョ・キエッリーニ、レオナルド・ボヌッチ、アンドレア・バルザーリら、ユベントスのDFたち、つまりシレアの後継者の粘りが何より重要になってくる。

リベロとしての資質では、シレアに勝るとも劣らないといわれたバレージ。彼が最後尾にいるだけで、チーム全体に落ち着きをもたらした。94年アメリカW杯では、グループリーグ2戦目で膝を痛めて手術し、決勝のブラジル戦に間に合わせてくるという、不屈の精神力を見せて男を上げた。 (C) Getty Images

画像を見る

アズーリ史上最強のCBともいわれるカンナバーロ(左端)とネスタ(下)。異なる特長が見事に融合し、分厚い壁を形成した。偉大なレジェンドの“後輩”たちは、EURO2016において伝統の凄みを欧州中に見せ付けることができるか。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【移籍専門記者】アトレティコの2大ターゲットはジエゴ・コスタとカバーニだ
2015-16欧州日本人選手の通信簿・MF編――乾、本田、香川、長谷部etc.
【移籍専門記者】クルトワがチェルシー退団志願。バルセロナが獲得に向けて早くも動き出す
【EURO2016開催地を巡る旅】第8回:リヨンとパルク・オランピック・リヨネ「2千年の歴史と光、美食で神々しく」
【今日の誕生日】5月23日/レアル・マドリーで生涯一クラブを実現した稀少なレジェンド――サンチス
【今日の誕生日】3月14日/突然の病に倒れた超エリートDF――松田直樹
【今日の誕生日】3月8日/イングランド代表の黒人選手・第1号――L・カニンガム
【今日の誕生日】3月10日/ついに失脚した「伏魔殿の支配者」――ブラッター前FIFA会長
【新企画|今日の誕生日】3月3日/日本を魅了し、リードした2人の世界的名手――ジーコ&ストイコビッチ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 日本代表企画満載!!
    11月7日発売
    日本代表26名が確定!
    カタールW杯
    出場32か国
    最新選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月17日発売
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    コンプリートガイド
    TV日程早見シートも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ